若ハゲ研究部とは

私たち若ハゲ研究部の活動目的は、世にある若ハゲに関するデータや対策・改善方法、情報などをもとに若ハゲに関する「なぜ?」を研究することです。

なぜ若ハゲになってしまったのか、何が原因なのか、どう対策・改善すればいいのか、若ハゲに悩み右往左往する人は多いでしょう。

薄毛や抜け毛に悩んでいる若者、いわゆる若ハゲに悩む同士たちを対象に若ハゲに関する情報や知識、考えを発信していきます。

若ハゲ研究部部長

若ハゲに悩める人たちへ、若ハゲ研究部ができること

ネットの情報を見ていると、若ハゲの悩みを抱えているのは高校生から大学生にかけてとくに多いように思います。

薄毛や抜け毛が気になって、その症状や状態が若ハゲかどうかを尋ねている人をよく見かけますよね。

若ハゲの症状の程度は人それぞれであり、どの程度若ハゲが進行・悪化しているのかは本人しかわからないため、第三者が自分の頭皮や毛髪の状態が若ハゲかどうかを判断するのはとても難しいです。

もし若ハゲだったとしても、いつからそうなったのか、何が原因でそうなったのかも本人しかわからないのです。

ですから、第三者として若ハゲ対策・改善のためにアドバイスできることは、若ハゲを招く要因となっているであろういくつかの原因に対してどうアプローチしたらよいのかを考え、対策・改善方法を導き出すことです。

私たちはその若ハゲを招いている、招くであろう要因が何かをつきとめ、それぞれの原因に対する対策・改善方法を提案していきます。

若ハゲに悩んでいるならこれ!今人気の育毛剤『チャップアップ』

チャップアップは今最も話題の育毛剤であり、価格も安く手軽に使用できる育毛剤として注目を集めています。

しかも、20~30代の若ハゲに悩んでいる方にも高い支持を得ているのです。

チャップアップがなぜ20~30代の若者の間で人気なのかと言えば、センブリエキスやグリチルリチン酸、ジフェンヒドラミンHCといった3種の育毛有効成分や育毛しやすい環境をつくるための天然由来成分を豊富に配合し、幅広い年齢で使用できるように無香料・無添加で若ハゲに悩む20~30代の方にも優しい育毛剤となっているからです。

そしてチャップアップを使っている人はみんな知っています。

歳をとってからでは遅い」ということを!

まだ若いからこそ、若ハゲだからこそチャップアップを使っているのです。

というのも、一般的な加齢に伴う脱毛症に比べて、若ハゲは対策や改善が早ければ早いほど治りやすいという事実があるからです。

さらに、チャップアップは使いやすさやコスパの良さだけでなく、「顧客満足度第1位」「おすすめ育毛剤第1位」「最も期待できる育毛剤第1位」と、若ハゲに悩む多くの人や医師にまで認められている育毛剤なのです。

チャップアップを最安値で購入するには…>>

チャップアップ
チャップアップバナー

若ハゲになるのはなぜ?

若ハゲ=男性型脱毛症

若ハゲは脱毛症の中でも、いわゆる若い年代にみられる脱毛症の総称です。

若ハゲってなに?
最近よく聞くようになった”若ハゲ”。その名の通り、まだ若い年齢のうちに発症する脱毛症なのですが、若ハゲとは何なのか、何が原因なのか、対策方法...

若ハゲの定義としては10~20代、30代の若いうちに発症する脱毛症であり、そのことからも若年性脱毛症と呼ばれています。

一般的な加齢に伴う脱毛症、壮年性脱毛症と症状は似ていますが、壮年性脱毛症と若年性脱毛症では大きな原因が違っているのだと考えます。

また、若ハゲはAGA(男性型脱毛症)と密接な関係にあると言われています。

もちろん、AGAの最たる原因である男性ホルモンの影響により若ハゲになる方もいるのは確かな事実ですが、そうではなく、実は生活習慣の影響が最も大きかったリ、ストレスが大きかったり、頭皮や毛髪への直接的なダメージが大きかったりと、若ハゲになる原因は人それぞれなのです。

「若ハゲ」という言葉が普及したのはなぜ?

近年「若ハゲ」という言葉をよく耳にするようになりました。みなさんも一度は聞いたことがある、周りでよく見かけるなんてことがあるのではないでしょうか?

古くから「ハゲ(脱毛症)」という言葉はありますが、ハゲは一般的に加齢に伴う自然現象であるとされていました。

しかし現代では、加齢とは関係なしにまだ若い年齢にも関わらず、薄毛や抜け毛に悩みを抱える若者が多くみられるようになったため「若ハゲ」という言葉が普及するようになりました。

「若ハゲ」という言葉ををよく聞くようになったということは、それだけ若ハゲが増えたということです。

なんで若ハゲが増えたのかがわかるページ【若ハゲ増加事情総なめ】
日本で若ハゲが増加していると言われているのはなぜでしょうか?世界の中で日本はどのくらい薄毛が多い国なのでしょうか? 今回は世界の薄毛人口の...

実際、昔に比べて日本人の生活習慣は大きく変化してきました。そして若ハゲが増えた要因は、時代の変化に伴う生活習慣の悪化が大きな原因だと考えます。

生活習慣の悪化が若ハゲを招く原因のひとつになる!?生活習慣の改善は育毛の基本!
若ハゲに悩んでいるみなさん、あなたはなぜ今若ハゲに悩んでいるのか、悩むことになったのか、若ハゲになってしまった原因を考えたことがありますか?...

もちろん、若ハゲが増えた原因は生活習慣の悪化だけではありません。食生活の変化やストレスの増加、情報化社会によりインターネットが普及し、パソコンやスマホの利用が増えたことなど、関係ないように思えることでも、実は様々な要因が複合して若ハゲを招いているのです。

若ハゲに恩恵を受けている人たちもいるし、自分よりも酷く悩んでいる人はいる

若ハゲに悩んでいるとどうしても周りの視線が気になったり、外出するのが嫌になったり、ネガティブなことを考えがちになったりと、大きな悩みのタネになるのは当然です。若ハゲであればとくに。

しかし、私自身内気な性格で若ハゲの悩みを誰にも相談できず、若ハゲをネタにする度胸もスキルもない。気にするなと言われても気になるのだから仕方がない。

ただ少し周りに目を向けてみれば、自分が若ハゲであることを公言している芸能人、笑いのネタにしているお笑い芸人が少なからず存在していて、「この人はすごいな」と尊敬しますし、少し励まされることもありました。

あと、自分よりひどい若ハゲを探し回ることに全力でした。「あの人は自分よりも若ハゲてる」と思うことで自分はまだましな方だと言い聞かせていたのです。そんなことで若ハゲの悩みは解決しませんが、できるだけ悩みすぎないよう、ストレスを溜め込まないように工夫していたつもりです。

ただ、安心するというのはまた別で、そこで安心してしまえば若ハゲは一向に改善されず悪化する一方なので、そんなことをしつつこつこつと若ハゲ対策・改善のために尽くしてきました。

ここで言いたいのは、若ハゲで悩みすぎてストレスを溜めすぎないのが重要であるということ。ストレスも若ハゲを招いたり、悪化させる要因のひとつになりかねません。

できる限り前向きな姿勢で、若ハゲはすぐにでも改善できると思い込むようにしていました。自己暗示です。

若者がハゲを気にするのはなぜ?

若ハゲは、イヤ…

自分がハゲていたり薄毛であったりすることを気にするのは当然ですよね。若者であればなおさらです。

そんなの当たり前だと思うかもしれませんが、近年若ハゲが増加したことも相まって、ハゲや薄毛を気にする若者が多く見受けられるようになっています。

逆に、ハゲや薄毛は歳を重ねるにつれて気にしなくなる傾向があるようです。50代60代でてっぺんだけハゲているのにすごく堂々としている人ってよく見かけますよね。

基本的に脱毛症は加齢に伴い進行していくものであり、それに比例するように年齢が高いほど薄毛や抜け毛を気にしなくなる傾向があるようですが、もし自分が10~30代でそのような頭事情だったとしたらどうですか?

ハゲや薄毛、若ハゲというだけで気持ちは落ち込みますし、どうしてもマイナスな思考が働きがちになってしまうかもしれません。

学校へ行くにも、恋人を作るにも、就活をするにも、相手にとってもマイナスなイメージが付きまとってしまうかもしれませんし、相手がそう思っていなかったとしても、どうしても人の視線が気になるものですから、胸を張って生活するのはとても難しいと感じてしまいます。

そういったマイナスな気持ちも働いてストレスは溜まる一方、若ハゲが悪化する悪循環に陥らないとも限らないのです。

若ハゲの場合、若いうちは回復力や免疫機能も高く、若ければ若いほど改善しやすいとも言われていますから、早期に若ハゲの原因を見極め、対策・改善を行うことでできるだけ早く若ハゲに悩まされない生活を手に入れましょう。

若ハゲが治せるのはなぜ?

それではなぜ、以前は若ハゲに悩んでいたけど、現在は若ハゲに悩むことがなくなったという人がいるのか。

もちろん若ハゲは改善できるからこそそういった人たちもいるわけで、重要なのはどのように若ハゲ対策・改善を行ったのかということなのです。

若ハゲに悩む人の多くの原因が周辺環境・生活習慣の影響や変化によるものだとしたら、間違った生活習慣に慣れてしまっていたり、正しいヘアケア・頭皮ケアができていなかったり、意図せず髪や頭皮を傷つけているかもしれません。

生活習慣の悪化やバランスの悪い食生活、過度なストレス環境での生活・仕事環境を改善することで、若ハゲのいくつかの要因を排除し、育毛しやすい毛髪や頭皮環境を作り上げることができるのです。

「そんなことで若ハゲが改善できるなら苦労しないよ」と思われるかもしれませんが、「言うは易く行うは難し」という言葉があるように、実は生活習慣や食生活を正すなどといった身近な問題こそ、若ハゲの改善においてはとても難しいのです。

まずはこれらを意識して改善していくことが、若ハゲの対策・改善を行うための第一歩となるのです。

加齢に伴う脱毛症とは違い、若ハゲは自然現象ではありませんから、生活習慣を改善したり、健康・清潔な頭皮環境を維持し育毛しやすい頭皮環境を作り上げることで若ハゲが改善できることは十分にあり得ます。

しかし人によっては、生活習慣や食生活、ストレスといった身近な問題を解決するだけでは若ハゲが改善されない場合もあるでしょう。

そんな場合は自分の身の回り、周辺環境に目を向けること。具体的には「行動」と「選択」です。

かなり抽象的なのでさらに詳しく説明すると、「行動」は普段の生活では行っていないことをしてみるというものです。

例えば、お風呂に入りシャンプーした後には必ず頭皮マッサージをしてみる。今まで1日に1回だけしていたシャンプーをその日の髪や頭皮の調子に合わせて2回にしてみたりするのも良いでしょう。

また、運動は血行を良くするのに最適なため、体だけでなく頭皮の血行も良くすることで、頭皮に効率よく血液を送ることで毛髪に栄養が行き届きやすくなるので育毛には効果的です。

次に「選択」ですが、これは育毛剤や育毛シャンプーの道具を頼る際に、自分に合った育毛剤や育毛シャンプーを選択するということです。

ある育毛剤がすべての人に同様の効果をもたらしてくれるとは限りませんから、いくら評価の高い育毛剤、育毛シャンプーと言えど、もしかしたら自分には合っていないかもしれません。

選択を誤ってしまえば薄毛や抜け毛が悪化し、より一層若ハゲに悩まされることになるなんてこともあるんですよ。

育毛剤や育毛シャンプーを選ぶ際は、周りからの評判だけでなく自分に合っているかどうかが重要になるのです。

若ハゲには内的要因と外的要因がある

若ハゲの原因考えたこと…ある?

若ハゲの原因は遺伝子であるとか、男性ホルモンの影響であるとか、若ハゲには様々な原因があると言われていますが、最終的に薄毛や抜け毛を進行させ、若ハゲを決定づける要因は2つに分けられると考えています。

要因というより、「直接的に若ハゲを招く要因」と言ったほうが正しいかもしれませんが、1つは悪玉男性ホルモンという体内に存在する男性ホルモンや遺伝子が薄毛や抜け毛に働きかけ、若ハゲを進行させる「内的要因」。

もう1つは頭皮の毛母細胞の死滅や劣化、毛穴に詰まったフケや皮脂、汚れ、髪や頭皮への直接的なダメージが薄毛や抜け毛に働きかけ、若ハゲを進行させる「外的要因」です。

このような考え方はあまり見かけないかもしれませんが、若ハゲ研究部では若ハゲの要因を「内的要因」と「外的要因」の2つに分けて定義しています。

ただこの2つの要因、どちらが若ハゲに対する影響力が強いかと言えば、男性ホルモンの影響である「内的要因」のほうです。

例えば、どれだけ劣悪な環境で生活し、髪もほとんど洗わずに不潔な頭皮環境を維持していたとしても、内的要因がなければハゲない人はハゲません。

逆に、いくら頭皮環境を清潔に保ち、若ハゲの内的要因を解消したとしても、外的要因が解消されていなければハゲる人はハゲるのです。

多くのクリニックや専門機関の方が言われている通り、「ハゲる人は何をしてもハゲる」「ハゲない人は何をしてもハゲない」のです。

「ハゲる人は何してもハゲる」と聞いて絶望した方もいらっしゃるかもしれませんが、男性は将来的には必然的に薄毛になりますし、白髪も増えて最終的にはハゲます。

ハゲは病気ではなく自然現象なのです。育毛・発毛・養毛技術は発展してきていますが、現代の医療技術ではその自然現象にあらがうことができません。

そもそも、「ハゲに完治はない」のです。

しかし、若ハゲはどうでしょう?将来的にハゲるということが分かっているとしても、それを遅らせることは可能であると考えます。

若ハゲは「まだ若い年齢であるにもかかわらず発症する脱毛症」です。”まだ若い年齢であるにもかかわらず”ですよ?

本来ハゲるはずのない若い年齢でハゲてしまうということは、逆に言えばハゲるはずはないのですから、改善の余地はあるということです。

若ハゲは一般的な年齢で発症する脱毛症と比べれば、まだ若いということもあり、短期間で改善できたという例もあります。

要は、内的要因と外的要因の2つに対して対策・改善を行うことで若ハゲの悩みを解消し、ハゲるのを遅らせることができるのです。

若ハゲによくある原因4つ

若ハゲの原因は「内的要因」と「外的要因」にわけられるということをお話ししましたが、もっと細かく若ハゲの主な原因を考えてみると、よくある原因として4つあげることができます。

まず1つ目の原因は「生活習慣」。

生活習慣の悪化が若ハゲを招く原因のひとつになる!?生活習慣の改善は育毛の基本!
若ハゲに悩んでいるみなさん、あなたはなぜ今若ハゲに悩んでいるのか、悩むことになったのか、若ハゲになってしまった原因を考えたことがありますか?...

生活習慣の中でも食生活や飲酒、喫煙、睡眠不足、ストレスなど様々な原因が複合することにより若ハゲを招いているということが考えられます。

そして2つ目の原因はもっとも強い、というか髪が抜ける、薄毛になる、つまり若ハゲになる直接的な原因となっている「男性ホルモンによる影響」。

若ハゲになるのは妖怪(男性ホルモン)のせいなのね…、そうなのね…
ネット上の情報で、「ハゲの原因は男性ホルモンではなく、ジヒドロテストステロンなのです」というのをよく見かけますが、そうですね…、正しくは若ハ...

ホルモンバランスが乱れたり、悪玉男性ホルモンの影響を強く受けてしまうことにより若ハゲを招く、男性にとって最も恐ろしい原因のひとつと言えるでしょう。

3つ目の原因は「遺伝」。

遺伝が原因で若ハゲになるのは間違い?遺伝は若ハゲの進行に大きく関わっている
薄毛や若ハゲの原因が遺伝である場合、遺伝性脱毛症とも呼ばれ、それは自然現象であるとされています。 薄毛や若ハゲの原因が遺伝だとしても、薄毛...

若ハゲの原因が遺伝となると、ハゲの運命にあらがうことはできないと思われるかもしれませんが、遺伝的にハゲやすい体質であったとしても、普通若いうちにその症状が現れるということはほとんどないと思われます。

薄毛遺伝子でハゲやすい体質に追い打ちをかけるように、他の原因が複合することによってハゲの進行を早め、若ハゲの症状として表れているのでしょう。

つまり遺伝的にハゲやすいといっても、ハゲの症状が顕著に表れるのは歳をとってからであって、若いうちはその進行を遅らせることができると考えます。

そして4つ目の原因は「眼精疲労」。

なんで若ハゲが増えたのかがわかるページ【若ハゲ増加事情総なめ】
日本で若ハゲが増加していると言われているのはなぜでしょうか?世界の中で日本はどのくらい薄毛が多い国なのでしょうか? 今回は世界の薄毛人口の...

とくに現代では、若者に限らずほぼすべての年齢においてスマホを使用する時間が増え、習慣化している人がほとんどですよね。

スマホに限らずテレビやパソコンも同様に、画面を長時間見続けることを毎日繰り返していたら目に疲れが溜まっていくのは当然です。

眼精疲労による毛髪や頭皮への影響は血行が悪くなることであり、頭皮や髪に栄養を運ぶ血液が十分に行き届かなくなると抜け毛が増え薄毛になり、若ハゲを招く原因となってしまいます。

最後におまけですが、「オナニー」が少なからず若ハゲを招く原因になっている人もいればいない人もいます。

もしかしたら若ハゲの原因に?オナニーもオナ禁もほどほどにというお話し
「オナニーするとハゲる」とか「オナ禁で髪がフサフサになる」とか、オナニーやオナ禁が良いか悪いかは賛否両論で、オナ禁と毛髪は切っても切れない関...

これは男性ホルモンによる影響につながるのですが、オナニーで善玉男性ホルモンを排出することにより悪玉男性ホルモンの割合が増え、若ハゲを招く原因につながってしまいます。

若ハゲになる原因を詳しく見てみると…

それでは、若ハゲになる原因をより詳しく見てみましょう。

若ハゲの原因を内的要因と外的要因に分け、考えうる原因を振り分けてみると以下のようになります。

  • 【内的要因】
    • 遺伝
    • 男性ホルモンによる影響
      • オナニー
      • タバコ
      • 酒(アルコール)
    • 血行不良
      • 頭皮が硬い
      • 運動不足
      • 姿勢の悪さ
      • 肩こり
      • 眼精疲労・目の疲れ
        • テレビ・ゲーム・スマホ
  • 【外的要因】
    • 脂性肌・乾燥肌
    • 生活習慣
      • 間違ったシャンプー・洗顔
    • 栄養不足
      • 偏った食生活
    • 髪への直接的なダメージ
      • ドライヤー・ヘアアイロン
      • ヘアカラー・パーマ・整髪料
    • 不規則な生活
      • 睡眠不足
      • お風呂に入る回数・時間帯

内的要因の場合は遺伝、男性ホルモンによる影響、血行不良、外的要因の場合は脂性肌・乾燥肌、生活習慣、栄養不足、髪への直接的なダメージ、不規則な生活と、大まかに分けることができます。

さらに、それらの原因になると思われる週間や行動まで考えてみると、若ハゲの原因になりえることがこんなにも多くあることに驚くと思います。

そしてこれらの原因を見てわかるのは、昔では考えられない習慣が現代において習慣化しているということです。

そう考えると、これらの習慣が原因となり若ハゲが近年増え続けているのは納得なのではないでしょうか?

頭皮の状態によって若ハゲの対策・改善方法が変わってくる

若ハゲ…どうやって改善する?

乾燥肌や脂性肌など、肌や頭皮の状態によって若ハゲに対するアプローチは変わってきます。

乾燥肌の場合、頭皮が水分不足である状態のため、痒みやフケといった症状が出やすくなります。

肌が乾燥しているということは、頭皮はカラカラで硬くなり、血行も悪くなっている状態も考えられます。

頭皮に十分血液が流れていなければ、必然的に髪に栄養が行き届きにくくなり、髪が十分に成長せず細くなったり、細いまま抜け落ちて薄毛を進行させる要因になりかねません。

また、脂性肌の場合は皮脂が過剰に分泌されて頭皮がベトベトしている状態です。

皮脂が多いと雑菌が繁殖しやすく、頭にニキビや吹き出物もできやすくなってしまいます。

それにより炎症を起こしたり、過剰な皮脂が毛穴を塞いで髪の成長を妨げてしまい、乾燥肌と同様に髪が十分に成長しないうちに抜け落ちたりと、若ハゲを悪化させる要因となってしまうのです。

要するに、乾燥肌であろうと脂性肌であろうと、極端な頭皮環境が若ハゲを進行させる要因のひとつになり得ることに変わりはありません。

若ハゲの対策・改善を行うためには、乾燥肌か脂性肌か、自分の頭皮の状態を確かめ、乾燥しすぎず過剰に皮脂も分泌されていない、程よい頭皮環境を維持しなければいけないのです。

まずどちらにも言えることは、頭皮・髪を洗いすぎないことです。シャンプーをし過ぎると、乾燥肌がさらに酷くなったり、頭皮が過剰に皮脂を分泌しようとして逆に脂っぽくなってしまうこともあります。

脂性肌でも同様に、シャンプーのし過ぎで過剰に皮脂を洗い流してしまい、それを補うために頭皮が過剰に皮脂を分泌してより一層脂っぽくなってしまったり、洗いすぎて逆に乾燥してしまったりするかもしれません。

そのため、シャンプーをするときはゴシゴシと洗いすぎないことを意識し、乾燥肌の人であれば1日1回を目安に、脂性肌の人であれば基本的に1日1回、その日の頭皮の状態によっては2回など、自分の頭皮の状態に合わせて対応する必要があります。

またそれ以外にも、乾燥肌の場合は潤いを与えてくれるコラーゲンなどのサプリメントを摂ったり、脂性肌の場合は脂っぽい食事は避けたりなど、育毛に適した程よい頭皮環境の維持に努めましょう。

若ハゲはいくつかの要因が複合していることがほとんど

若ハゲを招く要因についていくつかお話ししましたが、それらの原因は必ずしもそのひとつの原因により若ハゲを招いているとは限りません。

例えば、生活習慣を改善しただけで若ハゲを改善できる場合もあれば、生活習慣を改善しただけでは若ハゲが改善できない場合もあるのです。

とは言っても、どれとどれが原因で若ハゲを招いているのかを自分で判断するのは非常に難しいです。

クリニックや専門機関で診断してもらえば若ハゲ解消への糸口がつかめるかもしれませんが、それなりの費用はかかりますしね…。

個人的には、若ハゲであれば症状の程度を問わず自力で対策・改善することができると考えています。

そのためには、若ハゲを招いているであろうと考えられるいくつかの要因すべてにアプローチする必要があります。

正直、大変です。ただし、若ハゲの場合は対策が早ければ早いほど改善しやすいのも事実です。

育毛剤や育毛シャンプーに頼ることも大切ですが、まずは若ハゲの要因を見極め、自分の力でできる方法で若ハゲ対策・改善を行っていきましょう。

育毛剤が若ハゲに効果があるのはなぜ?

育毛剤は、若ハゲ対策において一番簡単で手を出しやすいひとつの手段です。

もちろん悪い生活習慣や食生活のまま育毛剤を使用しても十分な効果を得られないのは当然ですが、育毛剤による髪や頭皮環境のケアは若ハゲに大きな効果をもたらします。

育毛剤は若ハゲを効率よく改善・対策するためのサポート役
若ハゲにお悩みの方なら一度は育毛剤を使ってみようと思ったり、現に今使っているという方は多くいらっしゃると思います。 しかし、育毛剤は自分に...

ただここで注意すべきは、若ハゲ対策・改善において育毛剤をメインにしてはいけないということです。

育毛剤はあくまでも育毛しやすい頭皮環境にするためのサポート役であり、メインは生活習慣や食生活など身の回りの問題を改善することです。

また育毛剤といっても、直接的に髪の毛を育ててくれるというわけではありません。育毛剤の育毛効果というのは、健康・清潔な頭皮環境に改善、維持することで薄毛や抜け毛のいくつかの原因を排除し、育毛しやすくしてくれるということなのです。

「若ハゲかな?」と思ったらまずやるべき3つのこと

若ハゲかな…と思ったら

「もしかしたら若ハゲかも…?」「実はあの頃から若ハゲかもしれないと思っていた…」なんて若ハゲに自覚があり悩まされている人たちへ、まずは焦らず次の3つのことを実行しましょう。

  1. 症状の確認
  2. 原因の確認
  3. 対策方法の確認

まあ、当然と言えば当然です。

若ハゲの症状は軽度から重度まで人により様々です。軽度の人の場合は気になる程度かもしれませんが、みるみるうちに若ハゲが進行し悪化してしまう可能性は十分に考えられます。

若ハゲの進行がじわじわと進んでいれば変化には気づきにくいですし、気づいたときにはもう症状がひどくなっていたなんてことも…。

軽度でも若ハゲの症状を軽視せず、どの程度若ハゲが進行しているのか、思い当たる原因などはしっかり確認しましょう。

若ハゲの症状が重度の場合は、「もしかしたらあの時から…?」というのが思い当たるはずです。その時までさかのぼればなぜ若ハゲがそこまで進行したのか、原因も見えてくるかもしれません。

そして対策方法も人により様々であり、若ハゲの症状によってアプローチの仕方も異なってきます。

軽度であれば生活習慣の改善や頭皮ケア、育毛剤で十分改善できるかもしれませんが、重度である場合は医療機関に頼るしか方法がない場合さえあります。

しかし、重度であっても生活習慣の改善や頭皮ケア、育毛剤の使用は少なからず若ハゲを改善しやすい方向、若ハゲの進行を食い止める方向へもっていくことはできます。

若ハゲの対策・改善を行うためには症状の程度を問わず、自分の若ハゲの症状に向き合い、若ハゲになった原因や対策・改善方法を追求していく姿勢が大切です。

若ハゲの悩みを解消するための頭皮ケアの基本

若ハゲの悩みを解消するために行う頭皮ケアの基本は当たり前のことのようで実はとても難しいのですが、3つにまとめた以下の教訓を頭の片隅に置いておいてください。

これらが若ハゲ対策・改善における基本中の基本です。

まずは、自分でできる生活習慣や食生活の改善は当然として、頭皮や髪のケアも心がけるようにしましょう。

シャンプーをする回数や時間帯は人それぞれですが、不潔すぎず、清潔過ぎない頭皮環境を整えることが大切です。

というのも、悪い頭皮環境が若ハゲの要因のひとつになっているのであれば、少なからず若ハゲを進行させているかもしれませんし。一方、過剰にシャンプーをして洗いすぎてしまえば、皮脂が過剰に分泌されて毛穴を塞いだり、逆に頭皮が乾燥してフケが増え、毛穴を塞いで髪の毛の成長を妨げることになってしまいかねません。

そのために、正しいシャンプーを行って適度に清潔な頭皮環境を整えたり、頭皮マッサージを行って頭皮の血行を良くし、髪の毛に栄養を運びやすくする必要があるのです。

間違ったシャンプー方法が若ハゲを招く!?正しいシャンプー方法はこれだ!
あなたは普段どのようにシャンプーをしていますか? 間違ったシャンプーをしていると薄毛が進行したり、抜け毛が増えてしまったりと、自分ではしか...

これだけでも若ハゲの対策・改善としては十分な効果が期待できるでしょう。しかし、これでも若ハゲが改善できない場合は育毛剤やサプリメントなどの健康食品を利用しましょう。

育毛剤は頭皮に栄養を与えたり、頭皮の血行を促進したり、清潔な頭皮環境に整える役割があり、サプリメントなどの健康食品で不足している栄養素、髪や頭皮に良い栄養素を補うことで若ハゲ対策・改善の手助けになります。

若ハゲ向けの育毛剤の選び方

若ハゲの場合、「育毛剤はあくまでも補助として使う」ということを意識しましょう。

一般的な脱毛症と症状はほとんど変わりませんが、「年齢」においては条件が違います。

一般的な加齢に伴う脱毛症であれば、未成年というわけでもなく、年齢は高めで体も十分に発達しきっている状態です。

ですが、若ハゲに悩むあなたたちはまだ「若い」のです。未成年であれば体は十分に発達していませんし、ちょっとしたことで体調や体型が変化したり、肌が荒れたりと環境に左右されやすいでしょう。

もちろん肌も敏感な時期ですから、強力な育毛剤を使ってしまうと逆に薄毛が進行したり、抜け毛が増えてしまったりと若ハゲが悪化してしまう可能性も十分に考えられます。

つまり、自分に合っていないのに、40代~50代の間で人気の育毛剤や評価の高い育毛剤を選んでしまって後悔することさえあるのです。

そうならないためにも、若ハゲに悩んでいる人こそ慎重に育毛剤を選ばなければいけません。

刺激の少ない育毛剤を選ぶ

まず考慮しておくべきなのが「刺激の少なさ」。

先ほどもお話ししたように若ハゲの場合、とくに未成年においては肌が敏感な時期であるため、刺激が強い育毛剤を使用すると頭皮がかぶれてしまったり、湿疹ができたりしてフケが増加し、そのフケが毛穴に詰まって髪が成長しなくなる、抜け毛が増えるなんてことも考えられます。

若ハゲでも安全に使える最適な育毛剤は、低刺激な育毛剤であることが第一です。

例えば、香料や合成着色料などの余計な化学添加物が使われていない育毛剤や、頭皮に優しい植物由来の育毛成分を配合している育毛剤など、頭皮や髪へのダメージが少ない、もしくは頭皮や髪に馴染みやすい育毛剤を選ぶということです。

育毛剤は継続して毎日使用することでじわじわと効果を発揮するものなので、いくら強力な育毛剤であっても使用してすぐに髪が生える、若ハゲが改善できるなんてことはまずありません。

強力な育毛剤を使用して若ハゲが悪化してしまっては元も子もないので、最初は頭皮や髪に優しい低刺激な育毛剤を選んで数ヶ月使用してみましょう。

金銭的にも体質的にも続けられる育毛剤を選ぶ

育毛剤は基本的に数ヶ月から数年と継続して使用することで育毛効果を実感できたりできなかったりするものです。

育毛剤の育毛効果を実感できない場合というのがやはり、その育毛剤が若ハゲの症状や自分の体質に合っていないなどの理由が考えられます。

また、育毛効果があるとわかっているとしても金銭的な理由で続けることができなかったり、使用感が嫌で続けられないなんてこともあるでしょう。

飯より育毛剤を優先するかどうかはあなた次第ですが、当然できる限り負担を最小限に抑えて育毛剤の使用を継続したいという方がほとんどだと思います。

世の中は値段の高さ=質の高さというものがほとんどかもしれませんが、育毛剤の値段の高さと効果は必ずしも比例しているわけではありません。

むしろ、大した効果もないのに高価な育毛剤であるというのは大体、広告などその育毛剤の効果自体に一切関係ないところでお金を大量に投資しているために高価格になっている場合が多いです。

また、たとえその育毛剤の評判が高いとしても、もしかしたら自分の症状、体質には合っていないかもしれません。

人気の育毛剤だからといってもあなたに効果があるかどうかはわからないので、その育毛剤が若ハゲの症状や自分の体質に合っているか、続けられるのか、その育毛剤を使ったことがある人に聞いたり、ネット上の口コミ(悪い口コミ)を調べると良いでしょう。

シェアする