AGAってなに?

ジヒドロテストステロン

最近よく聞くようになったAGAとは何なのか、その正体と原因や仕組みを説明します。

AGAとは

AGAはAndroGenetic Alopecia(男性型脱毛症)の略であり、男性で思春期以降に発症する脱毛症の一種です。

30年前の統計によると、日本人男性の発症率は全年齢平均で30%。現在もほぼ同程度で、20代で約10%、30代で20%、40代で30%、50代以降で40%と年齢とともに高くなります。 また、脱毛症で悩む男性の90%以上がAGAであるといわれており、髪の悩みを持つ男性のほとんどがAGAであるということなのです。

日本人の場合20代後半から30代にかけて著明となり、徐々に進行して40代以降に完成されます。 AGAは現在でも研究が進められていますが、解明されていないことも多く、現在AGAに関する研究に注目が集まっています。

AGAの原因

AGAは遺伝や食事、生活習慣、ストレス、ジヒドロテストステロンなどが原因で発症または進行するといわれています。 医学的に解明されている一つの要因として男性ホルモンの変化によるものがあり、特にジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンが原因であるとされています。

ジヒドロテストステロンによるAGAのメカニズム

AGAの原因の一つであるジヒドロテストステロン、この男性ホルモンが毛母細胞に入り込むと毛母細胞の細胞分裂を止め、発毛を妨げてしまいます。また、毛周期が乱れて毛髪の成長期が短くなるため、髪の毛が成長する前に抜けてしまい、抜け毛や薄毛の要因となるのです。

それではなぜこのジヒドロテストステロンが原因なのか、ジヒドロテストステロンはもともとテストステロンと呼ばれる男性ホルモンが変化したもので、血中を流れるテストステロンが毛根にある毛乳頭に入り込むと、5α-レダクターゼという酵素によりテストステロンがジヒドロテストステロンに変化します。

ジヒドロテストステロンが毛母細胞に入ると、毛母細胞の細胞分裂が行われなくなり発毛を妨げてしまうのです。さらに、それにより毛周期が乱れてしまい、毛髪が成長する前に抜けてしまうということです。

テストステロンとジヒドロテストステロンの数はその人の生活習慣により異なりますが、加齢の場合テストステロンは減少し、ジヒドロテストステロンは増加します。 つまり、テストステロンの減少に伴い、ジヒドロテストステロンが過剰に増加することによってAGAが進行してしまうということなのです。 それでは、テストステロン、ジヒドロテストステロンとは何なのか、その正体をより詳しく見ていきましょう。

テストステロンの役割と弊害

<役割>

男性に多く分泌される男性ホルモンの一つで 性欲の増加、生殖器の発育、精子生産、筋肉・骨格生成などの役割があります。

<弊害>

減少すると 意欲や集中力低下、睡眠障害、性欲減少、メタボのリスク上昇、骨密度低下などの害があります。

ジヒドロテストステロンの役割と弊害

<役割>

男性の胎児の(男性器)発育に必要(前立腺における栄養作用)で 大人になると悪玉男性ホルモンとして害を与えます。

<弊害>

増加すると 脱毛症の原因となります。 前立腺肥大症の原因にもなり、排尿障害を招くリスクが上昇します。

共通の作用

代謝作用があり、特に蛋白同化作用、窒素保持の上昇、骨密度と筋肉量の上昇、免疫系の調整という働きをします。

テストステロンとジヒドロテストステロンの数(割合)はその人の生活習慣(食生活・睡眠・運動)によって異なります。

一般的に加齢によってテストステロンは減少し、ジヒドロテストステロンは増加しますが、加齢でもジヒドロテストステロンの増加を抑制することは可能です。

おまけ

【テストステロンの分泌量】

薬指が人差し指より長い人はテストステロンの分泌量が豊富だと言われています。胎児の時期にテストステロンが多く分泌されると薬指が長くなるそうです。

この分泌量は基本的に大人になっても変わらず、実際薬指が長い人はテストステロンの値が高いと言われています。つまり、一般的に男性は薬指が長く、女性は人差し指が長くなるということで、女性的な男性、男性的な女性は逆と、胎児の時点で決まってしまうんですね。

これは性別とホルモンの関係の話で、それが指の長さとして表れているわけです。一般的に男性は女性に比べてテストステロンの分泌量が豊富で、生活習慣の悪化やストレス、または加齢によってテストステロンの分泌量が減少し、AGAを発症するリスクが高まるということです。かと言って、それに伴い薬指が短くなるということはありません。

シェアする