育毛剤は若ハゲを効率よく改善・対策するためのサポート役

髪に良いもの

若ハゲにお悩みの方なら一度は育毛剤を使ってみようと思ったり、現に今使っているという方は多くいらっしゃると思います。

しかし、育毛剤は自分に合っていないものや若ハゲの症状に合っていないもの、間違った使い方をしていると、お金と時間、ひどい場合は髪まで失うことになってしまいます。自分の肌や若ハゲの症状に合った育毛剤を選び、正しく使うことでようやく若ハゲの対策や改善が期待できるのです。

自分に適した育毛剤の選び方と正しい使い方を学び、育毛剤の力を120%引き出して若ハゲの対策・改善を行いましょう。今回は、育毛剤の役割と若ハゲのための正しい育毛剤の使い方についてお話しします。

育毛しやすい頭皮環境を整えて育毛をサポートするのが育毛剤

育毛剤

育毛剤は髪の毛の健康維持や脱毛の予防、細い髪の強化、頭皮や髪への栄養補給、頭皮の炎症の抑制などを目的として使用するものです。

ほとんどの育毛剤が医薬部外品に該当し、一部医薬品として販売されている育毛剤もあります。また、医薬部外品は医薬品と違い副作用が起こる危険性が極めて低いと言われています。

医薬部外品として販売されている育毛剤は、厚生労働省が”身体の機能向上に一定の効果が期待できるもの”として認めたもので、次のように定義されています。

薬機法第2条第2項本文

この法律で「医薬部外品」とは、次に掲げる物であつて人体に対する作用が緩和なものをいう。

  1. 次のイからハまでに掲げる目的のために使用される物(これらの使用目的のほかに、併せて前項第二号又は第三号に規定する目的のために使用される物を除く。)であつて機械器具等でないもの
    • イ 吐きけその他の不快感又は口臭若しくは体臭の防止
    • ロ あせも、ただれ等の防止
    • ハ 脱毛の防止、育毛又は除毛
  2. 人又は動物の保健のためにするねずみ、はえ、蚊、のみその他これらに類する生物の防除の目的のために使用される物(この使用目的のほかに、併せて前項第二号又は第三号に規定する目的のために使用される物を除く。)であつて機械器具等でないもの
  3. 前項第二号又は第三号に規定する目的のために使用される物(前二号に掲げる物を除く。)のうち、厚生労働大臣が指定するもの

医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律

育毛剤はその名の通り髪の毛を育てるためのものですが、育毛剤が直接髪を育ててくれるというわけではありません。

頭皮を清潔な状態に保ったり、頭皮に栄養を与えたりすることで育毛しやすい頭皮環境に整えたり、頭皮にある毛母細胞を刺激し活性化させて毛髪を成長しやすくしたりするなど、あくまで育毛剤の役割は育毛しやすい環境をつくりあげることなのです。

また、育毛剤はネット通販などで手軽に購入できるので、自宅でもすぐに若ハゲ対策ができます。このように育毛剤を使うのは簡単なことですが、どの育毛剤も等しく効果が期待できるというわけではないため、若ハゲに効果がある成分を含み、自分に適した育毛剤を選ぶことが大切です。

育毛剤はいつどうやって使うのがいい?

育毛剤を使う男性

育毛剤はただなんとなく使うのではなく、使うタイミングや正しい使い方を意識することでより効率よく育毛・頭皮環境を整えることができます。

育毛剤を使う上で最も効果が期待できる時間帯は夜10時前でお風呂に入ったすぐあとです。

髪の成長は夜の10時から2時がピークなので、この時間帯に睡眠がとれるようその前にお風呂に入ります。お風呂で髪を洗うことにより、毛穴に溜まった一にの汚れや脂、角質を洗い落としましょう。

汚れのないキレイな状態の頭皮に育毛剤を使うことが最も効果的なのです。

若ハゲのための正しい育毛剤の使い方

  1. シャンプーで髪を洗う

    シャンプーを付けて髪を洗う前に、まずはお湯だけで髪を洗い汚れを落としましょう。
    シャンプーは直接頭に出すのではなく、手のひらに取り軽く泡立ててから洗い始めましょう。爪で頭皮を傷つけないよう注意しながら、両手で頭を覆うようにして指の腹で優しくマッサージをするように洗います。十分洗えたらシャンプーが頭皮に残らないようしっかりとすすぎます。
    (※シャンプー後にリンスやコンディショナーを使う場合も同じようにしましょう)

  2. 髪を乾かす

    育毛剤によって完全に乾かす場合や、半乾き程度にする場合があるので、それぞれの使用方法に従って乾かすようにしましょう。

  3. 頭皮に育毛剤をつける

    髪の毛ではなく頭皮に塗布することを意識しましょう。
    ローションタイプやスプレータイプの場合は、液体が目に入ったりする場合があるので十分注意しましょう。目に入った場合はすぐに洗い流してください。

  4. 頭皮をマッサージする

    頭皮に育毛剤を馴染ませるためにマッサージをします。両手で頭全体を多い、指の腹で優しくもみ込む感覚でマッサージしましょう。

以上のことに注意しながら育毛剤を使用することで若ハゲに対する育毛剤の力を120%引き出すことが出来るでしょう。