コスパ良し!身近なもので育毛剤を自作してみた

自作育毛剤

若ハゲを改善しようと様々な育毛剤を試してみたけど、なかなか効果が表れない、むしろ悪化してしまったなど、市販の育毛剤に悩まされている方は多いのではないでしょうか?

だったらいっそのこと、育毛剤を自作したらいいんじゃないか?と思い立ったので、自作育毛剤の効果と作り方を調べ、実際に自作の育毛剤を作ってその効果を検証してみました。

市販のどの育毛剤を試しても効果がなかったという方、育毛剤を自作しようと思ている方は参考にしてみてください。

実は簡単に作れる自作育毛剤!身近なものに育毛効果が!

簡単に作れる自作育毛剤

育毛剤を自作しようと思っても、市販の育毛剤を見てみると、アルファベットやカタカナで書かれたわけのわからない成分がたくさん配合されていますし、そんな成分手に入れられないでしょ?とか、育毛剤の手作りとかめんどくさそうとか思われるかもしれませんが、実は育毛剤は身近な物で簡単に作ることができるのです。

そう、育毛剤を自作するうえで今回私が注目したというか、効果的な育毛剤を簡単に自作したいという思いからも、”家の中によくある物”に注目して簡単に自作できる育毛剤を目指しました。

選ばれたのは「みかん」でした

その”家の中によくある物”というのが「みかん」です。

「こたつでみかん」という風習があるように、一般的にみかんの旬は秋から冬にかけてですが、みかんにも様々な種類があり、ほとんど年中食べられています。

ということで、今回の自作育毛剤のメインとなる原材料は、いつでも手に入れられてよく食べられているみかんに決定しました。

いやいや、そんな理由で自作育毛剤の原材料を決められても困りますよね。

心配しないでください。自作育毛剤の原材料としてみかんを選んだのにはちゃんとした理由があります。

育毛剤には最適!?みかんの育毛効果が実はすごい

というのも、みかんなどの柑橘類の皮に含まれる物質には毛乳頭細胞の増殖を促す働きが、皮に含まれる香りの成分には、薄毛や抜け毛を進行させる原因となる5α-リダクターゼという還元酵素の働きを妨げる働きがあるということが研究によりわかっているのです。

実はこの研究の発端は、1993年に社団法人北里研究所が「柑橘果皮抽出液には育毛効果がある」と発表したことから始まり、当時マウスを用いた実験により、市販の育毛剤と比較して、柑橘果皮抽出液の育毛成分が希釈されている状態でも育毛効果が優れているということがわかったのです。

それから3年後の1996年に行われた日本薬学会第116年会では、北里研究所が柑橘類の皮に発毛のメカニズムを担う毛乳頭細胞の増殖を促す数種類のアミノ酸を含むタンパク質を発見したことを報告しました。

以前から柑橘類の皮に含まれる物質には育毛効果が期待できるということが言われていましたが、その物質の発見と育毛効果を実証したのは北里研究所が世界初だったそうです。

さらに、その育毛効果のある物質を特に多く含んでいるのは温州ミカン、イヨカン、甘夏であり、中でも甘夏の皮に含まれる育毛成分には、150%も毛乳頭細胞を増殖させる働きがあることがわかったのです。

そして、柑橘類の皮に含まれる物質だけでなく香り成分にも着目し、柑橘類の皮に含まれる香り成分「D-リモネン」が5α-リダクターゼの働きを84%阻害するという研究結果も発表されました。

ここまで調べてみると、みかん最強説が唱えられそうなくらい、みかんの皮は育毛効果に優れているということがわかります。

みかんの皮でできる、自作育毛剤の作り方

育毛効果があるみかんの皮

みかんの皮の育毛効果がわかったところで、それでは実際に自作育毛剤の作り方を紹介します。

用意するものはたった3つ。

  • みかん5個分の皮(約50g)
  • ホワイトリカー(150ml)
  • 自作育毛剤を入れる容器

ホワイトリカーとは果実酒などに使われるアルコールで、日本でいう甲類焼酎のことです。

スーパーやコンビニなどでも、「果実酒用」と書かれたアルコール35%のホワイトリカーが販売されています。

自作育毛剤を入れる容器は密閉できるものがよく、使用する際にスプレー容器に移すとよいでしょう。

作り方もたったの3工程。

  1. みかんの皮を水分がなくなるまで2~3日ほど陰干しする
  2. みかんの皮とホワイトリカーを密閉容器に入れて冷蔵庫で1週間漬ける
  3. 1週間後にみかんの皮を取り除き、再び冷蔵庫で2週間寝かせる

たったの3工程、費やした期間も3週間と少しと非常に簡単でした。

自作育毛剤、効果は弱いが頭皮環境の改善・維持にはもってこい!

自作育毛剤を試す男性

実際にみかんの皮で自作した育毛剤を気になる頭頂部に使用してみると、使用後に髪がギシギシする感じがありましたが、2ヶ月間使用したところ確かに髪のハリとコシを取り戻した気がしました(※あくまでも個人の感想です)。

正直髪が増えたという感じはしませんでしたが、自作の育毛剤でも育毛しやすい頭皮環境、ハリやコシのある髪をつくることは十分にできる!ということを確信しました。

注意点として、自作育毛剤には市販の育毛剤のように保存料や防腐剤などは使用していないので、年単位ではもちません。

自作育毛剤はせいぜい2ヶ月程度しかもたないので、自作したらできるだけ早いうちに使い切った方が良いでしょう。

1万円前後する市販の育毛剤に比べれば自作育毛剤の方が低コストで済むので、市販の育毛剤では効果がなかった、ちょっとおもしろそうという方は自作の育毛剤を試してみてください。

シェアする