キャピキシルがミノキシジルの3倍の効果があるのは本当?

考える女性

ミノキシジルの3倍の効果があるということで最近注目されている”キャピキシル”ですが、キャピキシルとはいったい何なのでしょうか?

今回はキャピキシルとは何なのか、キャピキシルの効果・効能について詳しく調べてみました。

キャピキシルとは?

ルーカスマイヤーの研究論文

キャピキシルはカナダのLUCAS MEYER COSMETICS社が開発した化粧品の原料です。

開発されてまだ間もない原料ですが、ミノキシジルの3倍の効果を持つということで注目を集めています。

ルーカスマイヤーの研究論文に、キャピキシルの主成分に関する研究結果やキャピキシルの臨床試験の結果など、キャピキシルに関する情報が詳しく書かれているので目を通してみてください。

キャピキシルの主成分は「アカツメクサ花エキス(レッドクローバー抽出物)」と「アセチルテトラペプチド」という成分です。

それではキャピキシルに含まれるアカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチドについて詳しく見ていきましょう。

アカツメクサ花エキスとは?

アカツメクサ花エキスはその名の通り、アカツメクサの花から抽出したエキスで、古くから湿疹やぜん息、通風、乾癬(慢性的な皮膚疾患)などの治療薬として使われてきました。

日本にも生息していますが、日本ではアカツメクサよりもシロツメクサのほうがよく見かけますね。

アカツメクサ花エキスの主成分は”ビオカニンA”という成分です。

ビオカニンAはイソフラボンの一種で、男性型脱毛症の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)を生成する5α-リダクターゼを抑制する効果があり、慢性的な炎症を抑制したりと抗酸化作用を持っている特徴があります。

アセチルテトラペプチドとは?

キャピキシルには、アセチルテトラペプチドの中でもアセチルテトラペプチド-3と呼ばれる特許が取得されている成分が含まれています。

アセチルテトラペプチド-3は強力な細胞修復能力を持つ4つのアミノ酸で構成された物質で、痛んだ皮膚を守り細胞を修復して再生させる能力を持っています。

これにより、劣化した毛母細胞の再生を促進して増毛と毛髪の強化を促すことができるのです。

キャピキシルの効果・効能は?

キャピキシルの効果・効能について考える女性

キャピキシルには主に3つの効果・効能があります。

  1. 5α-リダクターゼを抑制し、DHTが毛周期を短くして毛包を縮小させるのを防ぐ
  2. 毛髪の固着を促し毛包を大きくするために、毛乳頭を囲んでいる真皮乳頭内のECMタンパク質を増加させてよりよい毛髪を固着させる
  3. 脱毛の原因となる炎症を防ぎ、正常な毛髪サイクルを保つ

これらの効果・効能はルーカスマイヤーの以下の研究結果から導き出されたものです。

アセチルテトラペプチド-3に関する研究

  • アセチルテトラペプチド-3は、よりよい毛包の固着につながるECM(細胞外マトリックス)の保全維持のためのコラーゲン合成を促進する
  • アセチルテトラペプチド-3は真皮乳頭の細胞外マトリックスタンパク質を促進し、その結果毛包の大きさをよりよい固着に直接的な影響を持つ
  • アセチルテトラペプチド-3は表皮・真皮境界部レベルで、毛髪の固着を改善する修復能力を発揮する
  • アセチルテトラペプチド-3は毛髪育成を促進する
  • アセチルテトラペプチド-3には、参照した育毛製品「ミノキシジル」よりも高い育毛促進効果がある

ミノキシジルとアセチルテトラペプチド-3の比較グラフこれらの研究結果より、「キャピキシルはミノキシジルの3倍の効果がある」というのは、厳密には「アセチルテトラペプチド-3はミノキシジルの3倍の効果がある」というのが正しいことがわかりますね。

ミノキシジルの3倍になるように示したキャピキシルとの比較グラフを作成したものをよく見かけますが、あれは間違いです。

アセチルテトラペプチド-3は簡単に説明すると、主に毛根の毛母細胞などに作用し、毛髪の育成を促進する効果があるということです。

ただここで疑問なのは、アセチルテトラペプチド-3には、男性型脱毛症を進行させる原因である5α-リダクターゼを抑制するような効果があるとは言われておらず、育毛促進効果のみで本当にミノキシジルを上回ることができるのか?ということです。

この研究結果が本当であれば、アセチルテトラペプチド-3のみでミノキシジルの3倍の効果なのですから、キャピキシルと比較すれば3倍どころの効果ではないということになります。

キャピキシルに含まれる成分とミノキシジルの比較ではなく、純粋にキャピキシルとミノキシジルを比較した研究データを示してほしいですね。

その他のキャピキシルに含まれる成分の研究と臨床研究

  • ビオカニンAは5αリダクターゼを抑制し、テストステロンがDHTに転換するのを防ぐ
  • キャピキシルはアカツメクサ花エキス単体よりも、相乗効果で炎症誘発物質にサイトカイン(免疫機能を持つ細胞から分泌されるタンパク質)を減少させる
  • キャピキシルは、成長期毛髪の休止期毛髪に対する比率を46%増加させたのに対し、プラセボでは33%減少した。よって、育毛を促進し脱毛を抑制する効果が実証された

つまりキャピキシルは、アカツメクサ花エキスにより5α-リダクターゼを抑制し、アセチルテトラペプチド-3により育毛を促進するという仕組みです。

こうして見ると他の育毛剤に含まれている成分とあまり変わらない気もしますが、30人の健康なAGA患者に対する臨床試験により、キャピキシルが成長期である活発な毛髪の割合を46%増加させたという結果になっています。

個人的には、この環境で同じくミノキシジルを使用した場合の臨床試験も行って比較してほしかったですね。

まとめ

キャピキシルの効果に疑いを持つ男性

キャピキシルがミノキシジルの3倍の効果があるというのはどうやら信憑性が低いようです。

実際はキャピキシルではなくアセチルテトラペプチド-3に3倍の効果があるということでしたし、キャピキシルそのものとミノキシジルを比較したデータというのはありませんでした。

キャピキシルの主成分に関する研究では、それなりに効果的な研究結果が出ていますし、育毛剤成分としては期待していいのかもしれません。

ただキャピキシルがミノキシジルの3倍の効果があると言われているにも関わらず、医薬品成分には指定されていないのが気がかりですね。

最近ではキャピキシルを配合した育毛剤も発売されているので、気になっている方は一度試してみてもいいかもしれません。

シェアする