万能育毛剤成分「センブリエキス」は副作用を気にせずに使えるのか?

センブリの花

育毛剤や育毛シャンプーに使われている成分で”センブリエキス”というのをよく目にしますよね。

センブリとは一体何なのか、センブリの効果と副作用をまとめてみました。

センブリとは?

センブリ(千振)の学名は”Swertia japonica”でリンドウ科センブリ属の二年草であり、中国や朝鮮半島、日本に自生しています。日本では古くから健胃剤などの民間薬として利用されてきました。

センブリの花は5枚の花びらからなり、白またはうすいピンクや紫色で星の形をしたきれいな花で、花・葉・茎・根のすべてから有効成分を抽出したのが「センブリエキス」です。

センブリを使用する際の形状として粉末とエキスがあります。粉末とエキスで薬効がどう違うのかはわかりませんが、粉末で使用する場合は一般用医薬品、エキスで使用する場合は医薬部外品に分類されます。

senburitea

ところで、”センブリ茶”をご存知ないでしょうか?テレビ番組「笑っていいとも!」の罰ゲームで使われていたのを思い出す方も多いでしょう。

センブリは”千回振り出してもまだ苦い”ことからその名がつき、最も苦い生薬であると言われています。

飲んだことはありませんが、めちゃくちゃ苦いそうですね…。

ちなみに、日本に自生している野生種のセンブリは減少傾向にあり、草地開発や道路工事、薬用採集などにより年々数が減ってきています。

日本のレッドデータ検索システムを見てみると、岩手、千葉、山梨、香川、宮崎の5県で準絶滅危惧種、埼玉、石川の2県で絶滅危惧Ⅱ類、長崎県では絶滅危惧Ⅰ類、そして東京では絶滅種となっています。

昔と比べて野生種が採取できないほど減少したため、現在は主に長野県と高知県で栽培されたものが育毛剤などの医薬品や医薬部外品の原材料として使用されています。

センブリの効果・効能とは?

健康茶として有名なセンブリ茶ですから、健胃剤として消化不良、食欲不振、胃痛、腹痛、下痢に効果があるのはご存知かもしれませんね。

それではなぜ育毛剤や育毛シャンプーの成分として配合されているのか不思議に思いませんか?

実はセンブリには、お腹の調子を整える効果の他に、育毛効果があるのです。

センブリに含まれる主な成分として

  • アマロスエリン
  • アマロゲンチン
  • スエロサイド
  • スエルチアマリン
  • ゲンチオピクロシド
  • キサントン

などが含まれています。これらの成分には抗炎症作用や血行促進作用、抗酸化作用、毛乳頭細胞の増殖促進作用などがあり、頭皮に塗ることでその効果を発揮します。

なんとセンブリ茶を直接頭皮に塗っても効果があるらしいですよ。

”育毛剤に含まれるセンブリ”としての効果とは?

センブリに含まれる成分の中でも、スエルチアマリンは苦味配糖体と呼ばれる苦み成分で、この成分に血行促進作用があるのです。

スエルチアマリンが頭皮に浸透して、血流を良くすることで頭皮に栄養が行き届きやすくなり、抜け毛の予防や育毛に効果があるというわけです。

具体的な効果として、センブリに含まれるスエルチアマリンにより頭皮にある毛細血管を拡張することで、髪の毛をつくる素である毛母細胞に血液を流れやすい状態にし、頭皮と髪の毛により多くの栄養素を運びやすくすることで髪の毛の成長を促し、余計な脱毛を防いでくれるのです。

さらに、毛乳頭の細胞を活性化させる働きがあるため、血行促進作用との相乗効果により発毛を促す効果が期待できます。

その他、抗炎症作用によりフケや痒みを抑えて頭皮環境を整えてくれたり、抗酸化作用により活性酸素の働きを抑えて髪の健康を保つ働きがあります。

このように、センブリは頭皮や髪に幅広く働きかけ、頭皮環境を整えたり、育毛や発毛を促進したりと、育毛剤の成分としてはぴったりの万能な成分なのです。

気になるセンブリの副作用は?

センブリは基本的に副作用の心配はありません。

実際、センブリ抽出物配合育毛剤の皮膚安全性試験により、健康な頭皮に使用する場合はアレルギー反応や副作用は出ないことが確認され、センブリを配合した育毛剤の安全性が示されています。

ただし、皮膚が弱く発疹が出やすい方、皮膚炎や湿疹症状が出やすい方が使用する場合は注意が必要です。

センブリを内服する場合は、過剰摂取すると体内の塩分が増え、血圧が上がったり、むくみを生じる可能性があります。

これは、センブリに含まれるスエルチアマリンの抗コリン作用によるものだと思われます。

実際に、センブリの抗コリン作用活性成分に関する研究において、センブリに含まれる活性成分は抗コリン作用を有することが明らかになっているのです。

抗コリン作用というのは、神経伝達物質のアセチルコリンを阻害する作用で、アセチルコリンを阻害すると副交感神経系(活動によって疲れた体を回復させる神経)の作用を抑制します。

それにより脈が速くなったりして血圧の上昇やむくみができたりするのでしょう。

しかしセンブリは天然植物であり、センブリに含まれるスエルチアマリンの抗コリン作用は、病院で処方される抗コリン薬のような薬剤ほど強力な抗コリン作用はないと思われます。

したがって、それほどセンブリの副作用を心配する必要はないでしょう。

ただ、もともと高血圧や心臓病、賢蔵病などがある人は注意が必要です。

センブリを使用する際の注意と摂取目安量は?

育毛剤として頭皮に塗布する場合、特に使用量が定められているわけではありません。

センブリエキスを配合した育毛剤の大量使用による副作用の報告などもないため、確かなことはわかりませんが、センブリエキス配合の育毛剤を一度に多量に使用すると、頭皮環境が健康な方でも肌荒れや発疹が起こるのではないかということが考えられます。

育毛剤や育毛シャンプーなど商品ごとに注意書きが記載されているので、用法用量を守って使用するのが良いでしょう。

内服して摂取する場合は、一般的に1日3回に分けて1回0.5~1gを摂取します。また、年齢や症状、体質により調整が必要となります。

まとめ

センブリは最も苦い生薬で”センブリ茶”として有名ですが、内服することでお腹の調子を整え、頭皮に塗布することで脱毛予防や育毛効果を発揮するという、少し不思議な植物です。

センブリはお腹の調子を整える効果の他に育毛効果があり、センブリに含まれる成分が頭皮の血行を良くすることで育毛を促進してくれます

また、血行促進作用だけでなく頭皮環境を整えて健康な頭皮と髪を保つ働きもあり、頭皮と毛髪を幅広くサポートしてくれる万能の育毛剤成分なのです。

錠剤で健胃薬として、健康茶であるセンブリ茶として、育毛剤の成分のひとつとしてなど、様々な形で利用されているセンブリですが、育毛成分を含んでいるため、もちろん若ハゲ対策にも効果が期待できます。

センブリは古くから民間薬として日本で使われてきた植物です。センブリエキスは日本人に適した成分であるため、育毛剤を選ぶときはセンブリエキスが含まれているものを選べば間違いないでしょう。

monovo_jelそこでおすすめの育毛剤がMONOVOヘアトニックグロウジェルです。和漢成分の1つとしてセンブリエキスを配合しており、センブリエキスの他、日本人の肌に適した成分を使用しているため頭皮と髪に優しく、センブリの効果で頭皮と髪を健康に保ちつつ育毛することができるのです。

センブリの育毛効果と肌に馴染む和漢成分でもう若ハゲに悩むこともありません。ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

シェアする