亜鉛が若ハゲに効果的なのはホント!不足に注意、摂るのがベターな亜鉛の育毛効果

亜鉛を豊富に含む牡蠣

若ハゲには亜鉛が効果的だという意見をネット上でよく見かけますが、亜鉛ってそもそも髪と関係があるのでしょうか?

髪に良く薄毛や若ハゲに効果的な成分と言えば、育毛効果が期待されているノコギリヤシが有名だと思いますが、亜鉛が薄毛や若ハゲにどのように作用するのか気になりますよね。

そこで、亜鉛が髪にどのような影響を与えるのか、若ハゲに対する亜鉛の育毛効果を調べてみました。

亜鉛は若ハゲに対して少なからず効果がある(個人的な考え)

亜鉛の育毛効果について考える女性

まず最初に個人的な見解を述べておくと、亜鉛は少なからず若ハゲに対して良い影響を与えると考えています。

若ハゲの主な原因が男性ホルモンの影響によるものであった場合を考えてみましょう。

その場合どのように若ハゲが進行するのかと言うと、何らかの影響により善玉男性ホルモンであるテストステロンが減少すると、それを補おうと5α-リダクターゼと呼ばれる還元酵素がテストステロンの一部をより強力な悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロンに変換してしまいます。

このジヒドロテストステロンが過剰に増えることによって薄毛や抜け毛を招き、若ハゲを進行させてしまうのです。

それではここで亜鉛の働きを見てみましょう。

亜鉛は人が生活するうえで重要な働きをするミネラルのひとつですが、男性にとって亜鉛と言えば「精子の量が増える」「精子が濃くなる」といったことをよく聞くのではないでしょうか?

というのも、亜鉛は精子をつくるための材料になったり、男性ホルモンの分泌を活性化させる働きがあるからです。

もちろん亜鉛は身体に良い栄養素であり、過剰摂取などをしない限り身体に害もなく、悪玉男性ホルモンの分泌を促す栄養素というわけではありません。

つまり、亜鉛を摂取することによって善玉男性ホルモンの分泌を促せば、善玉男性ホルモンが悪玉男性ホルモンに変換される必要もないため、男性ホルモンの影響による若ハゲの進行を妨げることができるというわけです。

逆に亜鉛が不足してしまうと前立腺障害を招く危険性が高まるのですが、ノコギリヤシも前立腺肥大症の治療や育毛に少なからず効果があることを考えれば、亜鉛とノコギリヤシは少し似ているのかもしれません。

育毛効果が期待されているノコギリヤシの効果と副作用は?
薄毛や抜け毛に効果があると言われている”ノコギリヤシ”ですが、その効果と副作用はどういったものなのでしょうか。 ノコギリヤシについての情報...

亜鉛が若ハゲに対してどの程度効果的なのかはわかりませんが、若ハゲの原因や亜鉛の働きを加味して考えると、少なからず亜鉛は若ハゲに効果があるのではないかと思います。

亜鉛は少なからず若ハゲに効果あり!亜鉛と脱毛症に関する研究を調べてみた

亜鉛と脱毛症に関する研究に納得する女性

それでは実際に、亜鉛は若ハゲに対して効果があるのか、医学的に証明されているかどうかを調べてみました。

円形脱毛症患者の血清亜鉛濃度に関する研究では、健常者と比較して円形脱毛症患者の血清亜鉛濃度は低いことがわかり、患者への亜鉛の補給が治療の助けになるかもしれないと示唆されています。

また、血清亜鉛濃度の低下が見られる脱毛症とその他の疾患に対する亜鉛療法の効果に関する研究では、亜鉛療法が効果的な患者もいれば、そうでない患者もいたため、適応症を決めるまでにはいたらなかったと発表されています。

最後に、甲状腺機能の低下と亜鉛欠乏症に関する研究では、亜鉛が不足することにより甲状腺機能が低下し、びまん性脱毛症などの脱毛症を招く可能性があることがわかっています。

ここまで脱毛症と亜鉛に関する研究を調べてみると、どうやら亜鉛が必ずしも若ハゲなどの脱毛症に対して絶対的な効果があるとは言い切れませんが、やはり少なからず若ハゲなどの脱毛症に対して効果はあるようです。

また、亜鉛は不足してしまっても脱毛症を招く原因になってしまいます。

ちなみに厚生労働省が推奨する亜鉛の1日の摂取目安量は成人男性で10mg、耐容上限量は18~29歳で40mg、30~69歳で45mg、70歳以上で40mgとなっています。

耐容上限量とは、その値を超えて摂取すると過剰摂取による健康被害が発生リスクが高まる量のことなので、若ハゲ対策・改善のために亜鉛を摂取される方は1日の摂取目安量を守り、耐容上限量を超えない範囲で摂取するようにしましょう。

貝類や肉類を食べて亜鉛を摂取しよう

貝類と肉類

若ハゲを効率よく改善するためにも、普段の食事の中で亜鉛を摂取しましょう。

そこで、亜鉛を多く含む食品を調べてみました。

亜鉛の多い食品(100gあたり)
牡蠣(生) 13.2mg
豚肉(レバー) 6.9mg
ほや 5.3mg
牛肉(肩) 4.9mg
かに缶 4.7mg
牛肉(肩ロース) 4.6mg
牛ひき肉 4.3mg
牛肉(尾/テール) 4.3mg
たいらがい 4.3mg
牛肉(ひれ) 4.2mg
たまご(卵黄) 4.2mg
はまぐりの佃煮 4.2mg
牛肉(ミノ) 4.2mg
牛肉(もも) 4.2mg
たらばがに 4.2mg
ローストビーフ 4.1mg
コンビーフ缶 4.1mg

(出典:簡単!栄養andカロリー計算

亜鉛は主に貝類や肉類に多く含まれているようです。亜鉛が不足しているという方、若ハゲ対策や改善のために亜鉛を摂りたいという方はこれらの食品を食べると良いでしょう。

まとめ

亜鉛を摂ることをすすめる女性

どうやら亜鉛は少なからず若ハゲに効果があるということがわかりました。

最初に述べた個人的な意見は見事に正解しましたが、実際に亜鉛が若ハゲに対してどのように作用するのかまではわかりませんでしたね。

とりあえず亜鉛の摂取は若ハゲの対策・改善にとって無駄ではないということです。

むしろ亜鉛の不足は脱毛症を招く原因になりかねないので、若ハゲ対策・改善のためにも日頃の食事やサプリメントなどでしっかり亜鉛は補っておいた方が良いでしょう。

シェアする