【注意!】デュタステリド、フィナステリドに手を出す前に

注意

最近、男性型脱毛症の治療薬として知られる”フィナステリド”をも凌駕する「デュタステリド」と呼ばれる新たなAGA治療薬が話題になっています。

効果がある分副作用もあるフィナステリドですが、デュタステリドはそのフィナステリドよりも効果が高いと言われているため、副作用が気になるところです。

そこでデュタステリドについて調査し、フィナステリドとの違いや副作用の危険性についてまとめてみました。

フィナステリドとは?

フィナステリド

まずはフィナステリドについて簡単に説明しておきます。

フィナステリドは前立腺肥大症治療薬として開発された抗アンドロゲン薬ですが、その副次効果として毛髪の成長が見られ、プロペシアなどのAGA治療薬の成分として使われるようになりました。

フィナステリドには、男性型脱毛症の原因である5-αリダクターゼと呼ばれる還元酵素の働きを阻害する効果があり、髪の成長を妨げる原因物質を抑えることで通常のヘアサイクルに戻すという働きをします。

注意してほしいのは、フィナステリドの効果はあくまでAGAの原因となる物質を抑制してヘアサイクルを整えるだけであって、”発毛を促進する効果はない”ということです。

フィナステリドの主な副作用として、胃部の不快感性欲減退勃起不全射精障害精液量減少乳房障害など、他にもいくつかの副作用が報告されています。

また、重大な副作用として肝機能障害が起こり得るとの報告もあります。

フィナステリドには服用者の制限もあり、服用できるのは成人男性のみで女性や未成年は服用してはいけません。

理由は、フィナステリドの未成年への使用について臨床試験が行われていない事、男性ホルモンに作用する薬であるため女性には効果がないということです。

特に妊娠中や授乳中の女性がフィナステリドを服用することは禁忌とされています。

妊娠中や授乳中の女性がフィナステリドを服用してしまうと、胎児や赤ちゃんの発育のために重要な役割をもつ男性ホルモンの生成を抑えてしまうため、発達障害の危険性が高まってしまうのです。

また、フィナステリドの服用中は献血を行ってはいけないという制限もあり、献血するためには最低でも1ヶ月の休薬期間が必要であるとされています。

デュタステリドとは?

デュタステリド

デュタステリドも、フィナステリドと同様に前立腺肥大症治療薬として開発された抗アンドロゲン薬のひとつであり、AGA治療薬としても効果を発揮することがわかっています。

日本では2016年6月13日に、デュタステリドが配合されたAGA治療薬「ザガーロ」として医療機関で処方されるようになりました。

AGAの原因である、ジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンを生成する5α-リダクターゼには、”SRD5A1”、”SRD5A2”、”SRD5A3”の3種類の還元酵素が存在します。

フィナステリドの場合は”SRD5A2”と”SRD5A3”の2つの還元酵素の働きを阻害するのに対して、デュタステリドは”SRD5A1”も含む3つすべての還元酵素の働きを阻害するということで、フィナステリドよりも効果が高いAGA治療薬であると言われています。

実際にフィナステリドとデュタステリドの比較を行った測定試験では、デュタステリドはフィナステリドの1.5倍の毛髪再生効果があるということが発表されています。

フィナステリドよりも効果の強いデュタステリドの副作用は?

副作用に悩まされる男性

デュタステリドにもフィナステリドと同様に、胃部の不快感や性欲減退、勃起不全、射精障害、精液量減少、乳房障害などの副作用があり、重大な副作用としても肝機能障害が起こり得ることが報告されています。

それだけではなく、デュタステリドには重大な副作用として、眼球や皮膚が黄色く染まる”黄疸”が起こり得ることも報告されています。

さらに、フィナステリドよりも高い効果ゆえに、フィナステリドに比べて副作用の発現頻度も高いということが分かっています。

ここまでデュタステリドについて調べて思ったことは、あまりにもリスクが大きすぎるのではないか?ということです。

デュタステリドを服用して実際に毛髪が再生したという情報もありましたが、その代償として性欲の減退や勃起不全といった副作用が高確率で発現しているようにも思いました。

フィナステリドもそうですが、デュタステリドはハイリスクローリターンな薬であるという印象です。

中には初期脱毛が長期間続き、一向に再生する気配がないという方もいるようでした。

男のアイデンティティーを失ってまでフィナステリドやデュタステリドを服用する必要があるのでしょうか?

若ハゲに悩んでいる方でも、フィナステリドやデュタステリドの服用を考えている方は、髪を得る代わりに男を失うことが本当に最善なのかをよく考えてください。

シェアする