遺伝が原因で若ハゲになるのは間違い?遺伝は若ハゲの進行に大きく関わっている

DNA

薄毛や若ハゲの原因が遺伝である場合、遺伝性脱毛症とも呼ばれ、それは自然現象であるとされています。

薄毛や若ハゲの原因が遺伝だとしても、薄毛や若ハゲはどうにかして改善したいですよね。心配しないでください。遺伝性の脱毛症であっても若ハゲの進行を食い止めることは不可能ではありません。

遺伝による脱毛症の研究は特に進められており、その原因が解明されてきています。

一般的に、自分が将来ハゲるかどうかを考えたときには両親の髪事情を確認すると思いますが、実際には母方の両親に依存するということがわかっています。

これは隔世遺伝と呼ばれるもので、両親に遺伝的要素(薄毛の症状)が現れていなくても、その子供に祖父母の遺伝的要素が発現するというものです。

しかし、祖父母から両親を飛び越して孫に遺伝しているというわけではなく、両親にも遺伝しているがその症状が表に出てこなかったと考えるのが一般的とされています。

かといってその子供が確実にハゲるかどうかはわかりません。ただハゲやすい遺伝子を持っているというだけで、それぞれの生活習慣や健康状態によってハゲたりハゲなかったりするのです。

遺伝的にハゲやすい人ってどういう人?

説明を求める男性

それでは具体的に、遺伝的にハゲやすい人とはどんな人なのかというと、先ほど述べたようにハゲやすい遺伝子は母方の両親に依存しますが、その中でも母方の祖父に強く影響を受け、薄毛やハゲになりやすい遺伝子が遺伝する確率は25%であるとも言われています。

薄毛・若ハゲが進行する仕組みとして、テストステロンという男性ホルモンが5α-リダクターゼと呼ばれる還元酵素の働きにより、ジヒドロテストステロンという悪玉男性ホルモンを生成し、そのジヒドロテストステロンが増えすぎることにより抜け毛が増え、薄毛・若ハゲが進行してしまいます。

つまり遺伝的にハゲやすいというのは、”5α-リダクターゼの働きが活発な体質である”、または”ジヒドロテストステロンの影響を受けやすい体質である”と言い換えることができます。

さらに、5α-リダクターゼによって生成されたジヒドロテストステロンと神経伝達物質やホルモンなどの体内物質を受容するタンパク質(受容体)が結合するとTGF-βというタンパク質が生成され、そのタンパク質が毛母細胞の働きを阻害してヘアサイクルを休止状態にさせるとも言われています。

ということは、遺伝的にハゲやすい人はハゲにくい人と比べても明らかに男性ホルモンの影響を強く受けてしまうのです。

ある研究では、去勢した男性の薄毛の進行を調べる実験において、思春期以前に去勢された男性は薄毛になることはなく、すでに薄毛の男性が去勢された場合は薄毛の進行が止まったという研究結果が報告されています。

これはどういうことかと言うと、男性ホルモンであるテストステロンは睾丸で生成されるため、去勢すればテストステロンは分泌されなくなり、ジヒドロテストステロンも生成されないので、思春期以降に去勢された男性は薄毛になることはなく、すでに薄毛の男性が去勢されると薄毛の進行が止まるということです。

つまり、去勢すれば遺伝の影響を受けることはなく、薄毛にならないしハゲもしないのかもしれません。

でもハゲるか去勢するかって、男性にとっては究極の選択ですよね…。正直どちらも嫌です。しかし遺伝性の脱毛症であっても、薄毛・若ハゲの進行を遅らせることは可能です。

遺伝的にハゲやすい人は、最終的にはハゲるかもしれませんが、まだ若いうちに遺伝が原因でハゲるというのは異常です。

遺伝が原因のひとつとして若ハゲを招いている場合は、遺伝がもっとも大きな影響を与えているわけではなく、生活習慣の悪化や偏った食生活、栄養不足などにより発症した若ハゲを遺伝による影響が若ハゲの症状を進行させたり、早めたりしているのです。

たとえ遺伝的にハゲやすいといっても、遺伝は若ハゲの大きな原因にはなり得ません。

将来ハゲることは覚悟しておいたほうが良いかもしれませんが、遺伝のせいで若ハゲになるわけではないので、自分が遺伝的にハゲやすいと分かっても、諦めずに遺伝以外の原因に対して対策を行っていくことが大切です。

遺伝的にハゲやすい、薄毛・若ハゲになりやすい人に効く成分ってなに?

はてなマーク

遺伝的にハゲやすい、薄毛になりやすい人には”ミノキシジル””フィナステリド”が最も有効であるとされています。

ミノキシジルは発毛効果がある成分で、日本ではミノキシジル配合の医療用医薬品は発売されておらず、外用薬”リアップ”として一般用医薬品のみ発売されています。

ミノキシジルを配合した内服薬やジェネリック医薬品を個人輸入で入手することはできますが、日本では未認可の薬であり、服用する際は自己責任になります。

フィナステリドは男性型脱毛症の原因である、テストステロンをジヒドロテストステロンへ変換する5α-リダクターゼを阻害する作用がある成分です。

前立腺肥大症治療薬としても使われていますが、日本では認可されておらず、AGA治療薬”プロペシア”として病院や専門の医療機関で処方されています。

ちなみに、現在AGAに有効な薬はこのミノキシジルとフィナステリドのみで、AGA以外の脱毛症には効果がないとされています。

ミノキシジルとフィナステリドは併用することで発毛効果が高まるとされており、実際専門の医療機関でもこの方法が採用されているのですが、正直なところ副作用が怖いですね…。

遺伝的にハゲやすいかどうかを調べる方法とは?

ルーペ

自分が薄毛遺伝子を持っているかそうでないかを正確に知るためには一般的に2つの方法があります。

方法 金額 期間
病院や専門機関でAGA遺伝子検査を行う 20,000~30,000円 約1ヶ月
AGA遺伝子検査キットを購入し自分で行う 13,000~16,000円 約2~3週間

どちらも正確に診断され、自分が薄毛遺伝子をもっているのかそうでないかを判断することが出来ます。もちろんそれなりの金額がかかるうえ、そもそも髪の悩みで病院に行けるのであれば話は簡単です。

お金をかけてでもどうにかして知りたいというのであれば、AGA遺伝子検査キットを購入し診断することをおすすめします。こちらは13,000円前後と病院や専門機関に比べて比較的安く、資料でのやり取りなので人に知られる心配もありません。

母方の祖父母から薄毛遺伝子を引き継いでいるかどうかを推測することはできますが、確実ではありません。自分の若ハゲが遺伝性なのかどうかを正確に知りたい方は、上記の方法を参考にすると良いでしょう。

遺伝は若ハゲの原因になり得ない、若ハゲの進行に関わっているだけ

すべて遺伝のせいであるとは限らないと話す女性

薄毛や若ハゲの原因において遺伝が占める割合が最も多いという意見もありますが、個人的な意見として、若ハゲの原因に関しては遺伝が与える影響は一般的な脱毛症と比較しても弱いと考えています。弱いというよりは、強いはずの遺伝的な原因の影響を抑えることができると考えています。

ハゲの遺伝子は強く影響する優性遺伝ですが、遺伝のような先天的な要素の影響強くても、生活習慣や食生活などの後天的な要素の影響によりハゲるかハゲないかは変化するのです。

遺伝的にハゲやすいといっても確実にハゲるというわけではなく、「ハゲる可能性がある」程度であり、ほとんどの人の若ハゲの原因の多くを遺伝が占めているとは限りません。

だって考えてみてくださいよ。近年若ハゲが増加しているということは、遺伝的にハゲやすい若者が増えているということになってしまいます。若ハゲに悩んでいる人は遺伝的にハゲやすいということでしょうか?

実際どうなのかはわかりませんが、ハゲやすい遺伝子をもつ人ばかりが増えているというのはおかしいと思いませんか?それでは将来日本にはハゲや薄毛しか存在しなくなってしまいます。

また、遺伝的にハゲない人は若ハゲやハゲに一生悩むことはないのでしょうか?

実際は、遺伝子検査を行い遺伝的にハゲにくい体質であると判明したのにもかかわらず、若ハゲに悩んでいる人だっているようです。

そして先ほどハゲやすい遺伝子は母方の祖父から遺伝すると言いましたが、父親がハゲていて、自分も同じようにハゲているという場合もあるようです。

この原因は父親と似たような生活習慣を送っていることが原因として強く影響していることが考えられ、たとえ母方の祖父がハゲていなくともハゲてしまう、若ハゲになってしまう可能性はあるということです。

これらのことから考えても、若ハゲの原因として強く影響しているのは、遺伝ではなく生活習慣や食生活の影響なのではないのかと考えます。そりゃあ遺伝的にハゲやすく、実際に若ハゲに悩んでいる若者もいるでしょう。

それでも、個人的にはやはり時代や環境の変化が若ハゲの原因のほとんどを占めていると考えます。つまり、生活習慣や食生活を改めれば遺伝的にハゲやすかろうと薄毛・若ハゲになりやすかろうと、若いうちにハゲや薄毛に悩むようなことはないはずなのです。

つまり、若ハゲの原因が遺伝であるということはそれほど警戒しなくていいと思います。遺伝的にハゲやすいといっても、健康体であるにも関わらず、10代や20代のまだ若いうちに遺伝が原因で脱毛症の症状が現れたりすればそれはもう病気なのではないでしょうか。

例えば、規則正しい生活を送り、食事にも気を遣って髪や頭皮に負担の少ない生活を心がけている10~20代の方がいるとしましょ。

そんな方が、ただ遺伝的にハゲやすいからといって遺伝のみが原因でハゲると思いますか?思いませんよね。

若ハゲの原因は遺伝だと言い切っている方もいますが、私は、遺伝はただ若ハゲが発症してからの進行に関与しているだけだと考えています。

遺伝的にハゲやすい、薄毛になりやすいと知ってあきらめますか?

お手上げポーズの女性

自分が遺伝性脱毛症だと知ったら、あきらめて薄毛・抜け毛の進行を放置してしまいますか?

若ハゲは遺伝性脱毛症だとしても早期の対策で薄毛の進行を抑制することができます。そもそもの原因である遺伝子をどうこうすることはできませんが、要はジヒドロテストステロンの生成を抑制すれば良いのです。

ここは育毛剤や生活習慣の改善による健康・清潔な頭皮環境の維持に努めましょう。

得に生活習慣が乱れていれば、体の不健康が髪にも影響するため、その状態で育毛剤を使用したとしても十分な効果は期待できません。まずは生活習慣の改善に力を入れましょう。

生活習慣が改善されていれば、体はもちろん、髪も健康に保つことができます。さらに育毛剤を使用することで、健康・清潔な頭皮環境の維持と、効果的な育毛を実現することが可能になります。

生活習慣の改善による内部からの対策と、育毛剤による外部からの対策で、薄毛遺伝子に負けない頭皮環境を確立しましょう。