生活習慣の悪化が若ハゲを招く原因のひとつになる!?生活習慣の改善は育毛の基本!

健康的な生活

若ハゲに悩んでいるみなさん、あなたはなぜ今若ハゲに悩んでいるのか、悩むことになったのか、若ハゲになってしまった原因を考えたことがありますか?

若ハゲの原因は主に男性ホルモンによる影響や遺伝、生活習慣の悪化による影響など様々ありますが、その中でも生活習慣の悪化が若ハゲの原因として大きな影響を与えているということをご存知でしょうか。

生活習慣が乱れていると、若ハゲを進行させる要因になりかねません。まずは生活習慣を改善し、若ハゲの進行を抑制しましょう。

こんな生活習慣はダメ!若ハゲの進行を早めてしまう原因ベスト5

悪い生活習慣はダメと言う女性

あなたはこんな生活を送っていませんか?不規則な生活やバランスの悪い食事、頭皮や髪に悪影響を与えるようなことをしていると、若ハゲの進行を早めてしまう原因になりかねません。

【原因1】偏った食生活

タンパク質やアミノ酸は髪を作る元です。バランスのとれた食事をとりましょう。

また、動物性油脂の過剰摂取は血流を悪くしてしまいます。油ものは食べ過ぎないようにしてください。

髪は皮膚と同じように身体の健康状態が現れますから、身体に異常があれば、髪にだって異常が現れるかもしれません。バランスの悪い食事や栄養不足は頭皮環境や髪のコンディションを悪化させてしまいます。

【原因2】睡眠不足

睡眠が不足していると成長ホルモンの分泌が減少し、髪が成長しにくくなります。

成長ホルモンは22時から2時頃に活発的に分泌され、体が成長したり、疲労や身体機能を回復させると言われていますが、髪も同様にその時間帯に成長します。

十分な睡眠ができていない場合、その分だけ髪の成長が阻害されているということになるため、できる限り22時までには就寝し、睡眠時間は最低でも6時間、できれば8時間確保するようにしましょう。

【原因3】ストレス

ストレスが脱毛症自体に直接関係するかどうかは医学的に証明されていませんが、ストレスが生活習慣、精神面に悪影響を与え、若ハゲの進行を促すことは十分に考えられます。

過度なストレスには十分注意してください。若ハゲだけではなく、円形抜毛症まで招く要因になりかねません。適度にストレスを発散する習慣、できる環境が必要です。

【原因4】過度の飲酒

アルコールの摂取は糖分が脂肪へと変わることにより過剰な皮脂を分泌し、皮脂が毛穴に溜まり頭皮の毛穴を塞いでしまうため、発毛を阻害し抜け毛の原因となってしまいます。

肝臓で有害物質がつくられ、それを分解するためにシスチンという物質を消費するのですが、 シスチンは髪をつくるために必要な栄養素であるため、シスチンを大量に消費すると、毛をつくるための材料が不足してしまいます。

(※アルコールの過剰摂取により肝機能が衰えると生成されるタンパク質が低下し、育毛を阻害してしまいます)

【原因5】喫煙

タバコを吸うと血管が縮小することにより血流が悪化し、頭皮・毛根への血流も悪くなるため髪の栄養不足を招きます。

タバコが薄毛を招く!?禁煙すれば若ハゲは改善できるのか?
よく「タバコを吸ってるとハゲる」というのを聞きますが、それでは禁煙すれば若ハゲは改善できるのでしょうか? もしタバコを吸うことが少なからず...

タバコは「百害あって一利なし」とも言われますが、逆にタバコを吸わないことによるストレスが頭皮や髪に影響し、薄毛や抜け毛が増え、若ハゲを進行させる要因にもなりかねません。どうしてもやめられないという方は、1日に吸う本数を制限するなど、徐々に減煙することに努めましょう。

その他眼精疲労や運動不足による原因なども考えられます。適度に目を休めたり、運動したり、自分の身体状態を確認し体を労わることで、髪に良い健康状態を維持しましょう。

生活習慣を見直そう!若ハゲの原因はすぐ近くにある?

生活習慣を見直すといいよとアドバイスをする女性

まずはあなたの生活習慣を見直してみてください。睡眠時間は足りていますか?バランスの良い食生活を送っていますか?自分の身近なところから見直し、できることから改善していきましょう。

(※生活習慣の改善はあくまで髪の健康を保ち、正常な頭皮環境を維持するための手段であり、若ハゲの根本的な問題を解決するには及びません。しかし、生活習慣の改善は若ハゲ対策において十分な効果が見込めるでしょう。)

まずは生活習慣を改善することが大切

食事の栄養バランスの偏りや栄養不足、不規則な生活により健康状態が悪くなり、その症状は身体や頭皮、髪に現れます。もちろん身体が栄養不足であれば、髪だって栄養不足になるのは当然です。

食生活の乱れや不規則な生活はとくに若者に多く、そのために若くしてハゲる、男性型脱毛症になる人もいます。

また、悪い生活習慣を続けていると、肝機能や消化器系機能の低下による栄養障害を引き起こし、若ハゲに限らず薄毛や抜け毛の原因となってしまうのです。

頭皮の血行を促進して育毛しやすい頭皮環境をつくろう

運動や頭皮マッサージなどを行い、体、特に頭皮の血行促進を心がけましょう。血流を良くすることで頭皮や毛根に栄養を届けやすくすることができます。

また、十分な睡眠時間の確保や自分に合ったシャンプーで毎日髪を洗い、健康で清潔な頭皮環境を維持しましょう。フケや痒みなどのトラブルも防ぎ、若ハゲだけでなく他の脱毛症の要因も取り除くことが期待できます。

生活習慣が乱れていてもハゲない人はハゲない

不衛生な環境で生活する人

これまで、生活習慣が若ハゲに与える影響は大きく、生活習慣の悪化が若ハゲの進行を招く大きな原因になっているというお話をしましたが、世の中には劣悪な環境で生活していたり、ひどい生活習慣を送っていたりしても若ハゲにならず髪がフサフサな人もいます。

「ということは生活習慣は若ハゲの原因ではないのでは?」と思われるかもしれませんが、それは違います。ここでお話ししたのは、いくつかの若ハゲを招く要因の中でもとくに、生活習慣の悪化が若ハゲになる原因として大きな影響を与えているということであり、人によっては生活習慣が若ハゲと何の関係もない場合があるのです。

ある人の若ハゲの原因が生活習慣によるものではないとすると、一時的なストレスが大きな影響を与えていたり、遺伝的にハゲやすい場合など他にも様々な要因が考えられます。

また、生活習慣が悪くてもハゲない、若ハゲにならない人というのは、遺伝的にハゲにくいことが考えられます。遺伝的にハゲない体質であれば、いくら劣悪な環境で過ごそうと、ひどい生活習慣を送ろうと何してもハゲないのです。

何が言いたいのかというと、すべての若ハゲの原因が生活習慣であるというわけではないということ、生活習慣の影響に左右されやすい体質の人に限れば、生活習慣が若ハゲに与えている影響は全体的に見ても大きいということです。

まとめ

生活習慣の改善を応援する女性

生活習慣の改善は育毛の基本です。身体と頭皮、髪はつながっているので、原因をたどれば必ずすべてに影響しているはずです。髪はもちろんのこと、体も労わることで良い頭皮環境が維持できるのです。

若ハゲにお悩みで生活習慣が乱れている、偏った食事を食べているという方は、若ハゲの原因が生活習慣であることを疑ってみてください。そして生活習慣を正してみることで若ハゲのいくつかの要因のうちのひとつの原因を排除することができるはずです。

また、セルフケアにおいて育毛剤・育毛シャンプーを使用する場合でも、原因と思われる生活習慣を改善することで、その効果を最大限に発揮できるでしょう。