若ハゲになるのは妖怪(男性ホルモン)のせいなのね…、そうなのね…

男性マーク

ネット上の情報で、「ハゲの原因は男性ホルモンではなく、ジヒドロテストステロンなのです」というのをよく見かけますが、そうですね…、正しくは若ハゲになる原因は男性ホルモンであり、ジヒドロテストステロンっていう男性ホルモンの仕業です。

つまり、なんでもかんでも妖怪のせいにするのはいけませんが、若ハゲに関しては妖怪(男性ホルモン)のせいにしていいってことです。

厳密には、ハゲ(若ハゲを含む薄毛や抜け毛)の原因のひとつとしてジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンの影響があり、その男性ホルモンによって薄毛や抜け毛が進行しているのです。

今回は、その若ハゲの原因のひとつである男性ホルモンの影響について詳しく調べ、まとめてみました。

男性ホルモンの影響は若ハゲの最たる原因のひとつ

若ハゲの原因のひとつとしてジヒドロテストステロンと呼ばれる悪玉男性ホルモンによる影響があり、別名5α-ジヒドロテストステロンとも呼ばれるその悪玉男性ホルモンが薄毛や抜け毛を招き、若ハゲを進行させてしまいます。

このジヒドロテストステロンは、減少した善玉男性ホルモンであるテストステロンが不足分を補うために、5α-リダクターゼという還元酵素と結合することによって生成されます。(※詳しくはAGAをご覧ください)

テストステロンは自然現象として加齢とともに減少していき、それが壮年性脱毛症や老人性脱毛症として表れますが、若ハゲの場合はとくに”生活習慣の悪化”や”食の欧米化”、”ストレス社会”などによってホルモンバランスが乱れやすくなり、それによってジヒドロテストステロンの割合が増え、若ハゲを招いているのだと考えられるでしょう。これは近年若ハゲが増えたということとも結びつきますね。

なんで若ハゲが増えたのかがわかるページ【若ハゲ増加事情総なめ】
日本で若ハゲが増加していると言われているのはなぜでしょうか?世界の中で日本はどのくらい薄毛が多い国なのでしょうか? 今回は世界の薄毛人口の...

さらに、テストステロンが減少してしまうと薄毛や抜け毛の他に、性欲減退、気力低下などにもつながるため、まさに「草食系男子」という言葉も、男性ホルモン低下の象徴になっているわけです。

話を戻すと、先ほど述べた原因などによりテストステロンの分泌量が減少することで、それを補うために、男性ホルモンとしてテストステロンよりも強い力を持つジヒドロテストステロンに変換してしまいます。

そしてそのテストステロンをジヒドロテストステロンに変換している還元酵素というのが、5α-リダクターゼなのです。

実はこの5α-リダクターゼには2つのタイプがあり、それぞれ髪に与える影響や特徴が違います。

若ハゲに少し影響を与える還元酵素【Ⅰ型5α-リダクターゼ】

Ⅰ型5α-リダクターゼは毛根の皮脂腺、全身の毛が生える部分に存在し、具体的には前頭部、頭頂部、側頭部、後頭部、腋毛、陰毛などに多く存在する還元酵素です。

Ⅰ型5α-リダクターゼの特徴として、脂性の人、ニキビや吹き出物ができやすい人に多く、Ⅰ型5α-リダクターゼは男性型脱毛症(AGA)には強く影響しないと言われています。

若ハゲに最も影響を与える還元酵素【Ⅱ型5α-リダクターゼ】

Ⅱ型5α-リダクターゼは頭皮の毛乳頭に多く存在し、具体的には前頭部から頭頂部、ひげなどに多く存在する還元酵素です。

Ⅱ型5α-リダクターゼの特徴として、体毛やひげが濃い人に多く、Ⅱ型5α-リダクターゼは男性型脱毛症(AGA)に特に強く影響すると言われています。

また、Ⅱ型5α-リダクターゼが多い体質の場合、前頭部から頭頂部にかけて薄毛や抜け毛が目立ってしまう傾向があります。

ちなみに、Ⅱ型5α-リダクターゼ欠損症の人は男性型脱毛症(AGA)にならないと言われています。

というのも、体質的にⅡ型5α-リダクターゼが少ないということは、テストステロンが減少したとしても、ジヒドロテストステロンを生成する材料が不足しているために悪玉男性ホルモンが生成されず、薄毛にも若ハゲにもならないのです。

しかし、Ⅱ型5α-リダクターゼ欠損症を羨ましがるのは間違いで、5α-リダクターゼは本来、小児の男性としての体づくりに重要な働きをする還元酵素であり、それが欠損してしまうということは、男性であるにもかかわらず男性的な体格に成長しないということになってしまうのです。

男性ホルモンによる影響は若ハゲを進行させるトリガー

男性ホルモンによる影響は若ハゲの原因というよりも、正確には若ハゲを進行させるトリガーです。

生活習慣の悪化であったり、偏った食生活や栄養不足がホルモンバランスを見出し、男性ホルモンに影響して薄毛や抜け毛が進行するのです。

つまり、若ハゲの原因となっている内的要因のほとんどが最終的に男性ホルモンに影響を与えるため、若ハゲの究極的な原因は男性ホルモンの影響であるということになります。

逆に考えれば、ホルモンバランスを乱さない、男性ホルモンに影響を与えないことを心がければ、若ハゲの進行を止めることが可能であるということです。

男性ホルモンは若ハゲにどのくらい影響を与えるのか?

男性ホルモンによる影響は若ハゲの進行に深くかかわっており、男性ホルモンの乱れが原因となって若ハゲを招いています。

それでは、若ハゲの原因となっている男性ホルモンはどの程度若ハゲに影響を与えているのでしょうか?

まず、男性ホルモンのうち90%がテストステロンであり、テストステロンの95%は精巣、5%が副腎合成・分泌されると言われています。

男性ホルモンの種類はテストステロンやジヒドロテストステロンの他にもいろいろありますが、若ハゲを進行させる原因となるジヒドロテストステロンは男性ホルモン全体のほんの数%程度であり、テストステロンが精巣で多く合成・分泌されているので、ジヒドロテストステロンも同じく精巣で多く合成・分泌されているということになります。

ジヒドロテストステロンは全体の数%と割合は少ないですが、若ハゲを進行させるおおもとの原因となっているので、若ハゲになりうる他の原因の数を考えてみると、男性ホルモンは若ハゲに相当大きな影響を与えていると考えることができます。

若ハゲの原因のひとつである男性ホルモンの影響を何とかするには?

以上のことからも、若ハゲの改善・対策案として5α-リダクターゼの働きを妨げ、ジヒドロテストステロンの生成を抑制することで若ハゲの進行を食い止めることができるのだと考えられるでしょう。

5α-リダクターゼの働きを妨げる効果がある育毛剤の成分

5α-リダクターゼの抑制に効果のある成分はミノキシジルやオウゴンエキス、チョウジエキス、ヒオウギエキス、ビワ葉エキス、ノコギリヤシ、アロエエキスなどです。

育毛効果が期待されているノコギリヤシの効果と副作用は?
薄毛や抜け毛に効果があると言われている”ノコギリヤシ”ですが、その効果と副作用はどういったものなのでしょうか。 ノコギリヤシについての情報...
アロエに育毛効果はある?有名なあの人もアロエ育毛剤を使っていた!
子供の頃はたくさん外で遊ぶものですから、よく擦り傷を付けて家に帰ったのを覚えています。 そんな時親から「アロエでも付けとけばすぐ治るよ」と...

以上の成分が配合された育毛剤を選ぶことで5α-リダクターゼの働きを阻害し、若ハゲを招く悪玉男性ホルモンの生成を抑えることが期待できます。

5α-リダクターゼの働きを妨げる効果がある栄養素

5α-リダクターゼの働きを阻害する効果のある成分は亜鉛やイソフラボンなどです。

亜鉛が若ハゲに効果的なのはホント!不足に注意、摂るのがベターな亜鉛の育毛効果
若ハゲには亜鉛が効果的だという意見をネット上でよく見かけますが、亜鉛ってそもそも髪と関係があるのでしょうか? 髪に良く薄毛や若ハゲに効果的...
納豆を食べれば一石二鳥!若ハゲ対策・改善にイソフラボンがおすすめなワケ
イソフラボンは若ハゲに効果があるとかないとか言われていますが、真実はどうなのでしょうか?今回は”イソフラボン”をテーマに調査し、答えを出して...

これらの成分を含む食品や健康食品を摂ることで少なからず5α-リダクターゼの働きを阻害し、若ハゲを招く悪玉男性ホルモンの生成を抑えることが期待できます。(※イソフラボンを過剰摂取してしまうとテストステロンの分泌を弱めてしまうので注意)

適度な運動を行って5α-リダクターゼの働きを妨げる

テストステロンは有酸素運動や筋トレを行うことで増加します。

有酸素運動で血行促進!若ハゲの対策・改善に効果的な有酸素運動とは?
有酸素運動と聞くとまず思い浮かぶのがダイエットではないでしょうか? 「ダイエットと若ハゲは関係ないでしょ」と思われるかもしれませんが、ダイ...

運動してテストステロンの分泌を促進し、ジヒドロテストステロンの増加を防ぐことで、若ハゲの進行を抑制します。運動は血行を良くするため発毛促進にも効果的です。

オナ禁して5α-リダクターゼの働きを妨げる

オナ禁すると次のような効果があります。

  • 抜け毛の減少
  • 体毛が薄くなる
  • 肌ツヤが良くなる
  • スタミナ増加

テストステロンは主に精巣で作られており、射精により精子を排出することでテストステロンが減少するため、それを補おうとジヒドロテストステロンが生成され増加するのです。

もしかしたら若ハゲの原因に?オナニーもオナ禁もほどほどにというお話し
「オナニーするとハゲる」とか「オナ禁で髪がフサフサになる」とか、オナニーやオナ禁が良いか悪いかは賛否両論で、オナ禁と毛髪は切っても切れない関...

したがって、オナ禁することでテストステロンの排出を抑え、ジヒドロテストステロンの生成を防ぐということです。

まとめ

若ハゲの原因のひとつである男性ホルモンの影響というのは、厳密にはテストステロンの分泌量が減少することによりジヒドロテストステロンが分泌され、薄毛や抜け毛につながるということです。

テストステロンの分泌量が減少する原因は様々で、ひとつこれをすれば治る!というような解決方法はありません。生活習慣を改善したり、食生活を改めたり、運動をして体の内側から、育毛剤や育毛シャンプー、マッサージなどをして体の外側から、様々な角度からアプローチすることで、若ハゲを効果的かつ効率的に改善することができるでしょう。