タバコが薄毛を招く!?禁煙すれば若ハゲは改善できるのか?

タバコを吸う男性

よく「タバコを吸ってるとハゲる」というのを聞きますが、それでは禁煙すれば若ハゲは改善できるのでしょうか?

もしタバコを吸うことが少なからず若ハゲを進行させる原因になっているのだとしたら、喫煙者はとくにドキッとしますよね。

タバコを吸うことによる頭皮や毛髪への影響や禁煙することによるメリットを調べてみました。

タバコには体や頭皮、髪に悪い有害物質がたくさん含まれている!?

タバコの煙

タバコが体に悪いことは誰もが知っている事実ですが、具体的にタバコの何が体に悪いのか知っている方は少ないのではないでしょうか。

タバコに含まれる有害物質の中でも”タール”や”ニコチン”はみなさんご存知かと思いますが、タバコの煙には4000種類以上の化学物質が含まれており、そのうち60種類は”発がん性物質”なのです。

さらに、ペンキ除去剤に含まれている”アセトン”やライター用燃料に含まれている”ブタン”、アリ殺虫剤に含まれている”ヒ素”、カーバッテリーに含まれている”カドミウム”、排気ガスに含まれている”一酸化炭素”、工業溶剤に含まれている”トルエン”など、タバコを吸うことによってこういった化学物質を体内に取り入れているのです。

タバコが頭皮や毛髪に与える影響とは?

タバコを吸うことによる害のひとつとして”ニコチンによって動脈硬化のリスクが高まる”というものがありますが、このニコチンによる動脈硬化が頭皮や毛髪にも影響を与えてしまいます。

そもそも動脈硬化とは、血管の厚さが増して血液が通る道を狭くし、血流が悪くなったり流れなくなったりすることです。

タバコを吸うと悪玉コレステロールが血管に溜まりやすくなったり、動脈硬化にならないように働く善玉コレステロールの量を減らしてしまい、動脈硬化になりやすくなってしまうのです。

さらに動脈硬化が悪化すると、脳卒中や心筋梗塞などを引き起こす原因にもなってしまいます。

これらのタバコを吸うことによる動脈硬化の影響は、体だけでなく頭皮にも影響を及ぼします。

頭皮にも血管があり血液が流れていますから、タバコを吸うことによって頭皮に血液が行き届きにくくなってしまえば、血液とともに運ばれてくるはずの栄養素も不足してしまうことになります。

そうなってしまえば必然的に毛髪は成長しにくくなり、ヘアサイクルが乱れて抜け毛が増え、薄毛が進行して若ハゲを招いてしまうということが考えられます。

タバコは悪玉男性ホルモン(DHT)の分泌量を増加させる!?

ハーバード大学公衆衛生学部の疫学調査により、タバコを吸うことで男性ホルモンの分泌量が増加することが分かっています。

アメリカのハーバード大学公衆衛生学部の疫学調査によると、無作為に選んだ中年米国人男性1291人のうち喫煙者、非喫煙者のホルモン量を比較したところ、喫煙者は非喫煙者に比べてジヒドロエピアンドロステロン(DHEA)は18%、ジヒドロエピアンドロステロン硫化物(DHEAS)は13%、アンドロステンジオンは33%、テストステロンは9%、そしてジヒドロテストステロンDHTは13%高い値を示しました。

タバコは男性ホルモンDHTを増やす? – 池袋ユナイテッドクリニック

男性ホルモンの分泌量が多いからといって薄毛になりやすいというわけではありませんが、この調査により、喫煙がジヒドロテストステロンなどの悪玉男性ホルモンの分泌量を増加させるということがはっきりと証明されたのです。

特にジヒドロテストステロンはAGA(男性型脱毛症)の主な原因であると言われているため、喫煙により悪玉男性ホルモンの分泌量を増加させ、薄毛や抜け毛、若ハゲを進行させる原因となってしまうのは間違いありません。

このことから考えても、薄毛や抜け毛、若ハゲの進行をこれ以上早めたくなければ、タバコは吸わないに越したことはありませんね。

 タバコはビタミンCを破壊する!ビタミンCの不足は髪や頭皮にも影響

タバコによるビタミン不足に悩む男性

タバコを吸うことが髪や頭皮に与える影響は他にもあります。

ビタミンCには活性酸素による肌の酸化を抑える働きがありますが、タバコを1本吸うと25~100mgのビタミンCが破壊されると言われており、喫煙によりビタミンCが不足することで抗酸化作用の働きが低下し、老化を早める原因になってしまいます。

もちろん髪や頭皮も同じく影響を受けてしまうため、頭皮に働く抗酸化作用も衰えて頭皮の細胞が劣化し、髪への栄養が届きにくくなることで髪は育ちにくく、ハリやツヤもなくなってしまいます。

喫煙者は非喫煙者の2倍のビタミンCの摂取が必要と言われているので、タバコを吸う人は厚生労働省が推奨するビタミンCの1日の摂取目安量100mgの2倍、200mgのビタミンCを摂取しなければいけません。

1日にタバコを20本吸う場合で考えると500mg~2,000mgのビタミンCが失われるので、タバコを吸う人は明らかにビタミンCが不足していることがわかります。

タバコを吸いながらビタミンCのサプリメントなどで1日1,000mgのビタミンCを補っても不足している場合が考えられますが、若ハゲに悩んでいるけどどうしてもタバコはやめられないという方は、サプリメントなどで不足分のビタミンCを補った方が良いでしょう。

ビタミンCは摂り過ぎても過剰な分は尿と一緒に排泄されるので、摂っておくに越したことはありません。もしくは、きっぱりタバコをやめるかの2択ですね。

若ハゲに悩んでいる喫煙者の方は、ビタミンCの不足にも注意し、足りない分はサプリメントなどで補うようにしましょう。

タバコをやめて抜け毛が増える、薄毛になるという人もいる!?

タバコをやめる

タバコを吸うと抜け毛が増えたり薄毛になったりと、若ハゲの進行を早める原因になりかねませんが、若ハゲ対策・改善のために禁煙しようとタバコをやめると逆に抜け毛が増え、薄毛になるという人も中にはいるようです。

そういった場合はもしかしたらストレスが原因になっているのかもしれません。

もともとタバコを吸っていた人はタバコのある生活が当たり前ですから、タバコをやめるということは、タバコによる一息や落ち着く時間はなくなりますし、イライラやストレスが溜まりやすい人であればタバコによって解消できていた分まで蓄積されていくことになり、みるみるストレスが溜まってしまいます。

また、タバコに含まれるニコチンには神経毒性があり、タバコに依存している人ほどやめたときの「タバコを吸いたい」という欲求が強くなりストレスを増大させる原因にもなってしまいます。

そういったストレスにより自律神経が乱れ、血管が収縮して血流が悪くなることで抜け毛が増えたり、薄毛がひどくなったりと、逆に若ハゲを進行させてしまう原因にもなり得るのです。

このことからも、自分は強くタバコに依存している、急にタバコをやめたら若ハゲがひどくなったという方は、少しずつ吸う本数を減らしてみるなどして徐々にタバコをやめていくほうが良いでしょう。

すべての喫煙者がハゲやすいということではない?

バツ

ここまで「タバコを吸う人はハゲやすい」というような説明をしましたが、決してすべての喫煙者がハゲやすいということではありません。

もし喫煙し始めてから抜け毛が増え、薄毛が進行してきたという方の場合は、やはりタバコを吸っていることが若ハゲを進行させる原因のひとつになっているのかもしれませんが、何十年とタバコを吸っているのに髪がフサフサという方もいるようです。

つまり、喫煙が若ハゲの原因のひとつになっている人とそうでない人がいるということです。

タバコを吸い始めてから抜け毛が増え薄毛、若ハゲになったという方は、喫煙が若ハゲの原因のひとつになっていることを疑った方が良いでしょう。

とは言ってもすぐに禁煙するというのは難しいと思いますから、禁煙すると体にどのようないい影響が出てくるのか紹介しておきます。

禁煙してから起こる体の変化とは?

カルテ

タバコを吸うと体にどのような影響が出てくるのかという画像や動画はよく見かけますが、禁煙し始めてから体がどのように変化していくのかを描いたQuitting Smoking Timelineという珍しいタイプのアニメーションがあったので紹介します。

20分後
血圧や脈拍が正常になり手足の体温が上昇する
8時間後
血液中のニコチン濃度が93.25%減少する
12時間後
血液中の酸素濃度が上昇し、一酸化炭素濃度が減少する
24時間後
体内のニコチンが排除されて注意力が上昇し、睡眠の質が向上する
48時間後
喫煙によって汚れや傷がついた肺を修復し始め、正常な味覚と嗅覚を取り戻す
72時間後
体内のニコチンが完全に排除され、タバコの禁断症状から徐々に解放されていく
2週間後
血液循環や歯の黄ばみ、強度が非喫煙者と同等レベルに改善する
2~4週間後
ストレスや不安が消えてリラックスした精神状態になる
2週間~3ヶ月後
心臓発作のリスクが減少し、肺機能が向上する
9ヶ月後
息切れすることが少なくなり、咳をすることも少なくなる
1年後
脳卒中や心筋梗塞、心疾患のリスクが半減する
5~15年後
脳卒中のリスクが非喫煙者と同等レベルに回復
10年後
肺がんのリスクが30~50%減少し、死亡のリスクも半減する
15年後
冠動脈性心疾患や心臓麻痺、歯周病のリスクが非喫煙者と同等に戻る
20年後
タバコによる害から開放される

いかがでしたでしょうか?タバコをやめるとここまで健康的な体を取り戻せるんですね。

ただ、タバコの害が完全に消えるのに20年もかかるというのは驚きました。つまり早いうちに禁煙しておいたほうが得ということでしょうか。

少しでも健康な体を取り戻したい、タバコを吸うことが薄毛、若ハゲの原因のひとつになっているという方は、早めに禁煙する努力をしたほうが良いでしょう。

若ハゲに悩む喫煙者のみなさんに見てほしい動画紹介

上で紹介した、タバコをやめることで起こる体への良い影響も若ハゲに悩む喫煙者の方に見てほしい動画ですが、逆に悲しくなる、「タバコを吸う」ということを考えさせられる興味深い動画があるので紹介します。

こちらの動画は、喫煙による顔への影響をメイクによって再現するという動画で、タバコを吸うと30年でどれだけ老けるのかというのが紹介されています。

老け顔メイクをされた男性や女性はその老けっぷりにとても驚いているようですが、男性であろうと女性であろうと若く見られたいのは当然で、タバコを吸うだけでこれだけ老けてしまうのには驚きですよね。

また、これは顔だけではなくもちろん頭皮や髪にも影響するわけで、タバコは体全体を老化・劣化させ、若ハゲをも招く原因となってしまうのです。

そしてこちらの動画は、タバコを吸おうとする子どもを止める人はいるのか?という内容の動画です。

子どもが両耳にタバコを乗せ、口にタバコを加えながら大人に「火を貸してくれないかと」タバコを吸っている人たちに尋ねたり、人通りの多い場所でタバコに火をつけるそぶりをしたりしますが、断ったり、子どもが持っているタバコを取り上げたりして子どもの喫煙を止める人が多くいます。

しかしこれでは、「自分がタバコを吸うのは良いが子どもはダメだ」と、なぜ子どもがタバコを吸うことが許されないのか納得がいきませんよね。そこで、最後に現れる男性によって喫煙しようとする子供を完全に止めています。

その最後に現れた男性、ライアンさんの言葉を翻訳してみました。

ライアンさんがタバコを吸おうとする子どもにかけた言葉
「君はいくつだい?」
「私は声が出せない。がんを持ってる。」
「君が手に持っているもの(タバコ)のせいで」
「私は以前1日に2箱以上のタバコを吸っていたんだ。」
「両親もそうだった。」
「私の喉には大きな穴が空いている。」
「Facebookで(がんについての)いろんな広告を見るだろう。」
「テレビで(がんについての)いろんなCMを見るだろう。」
「みんなはそれを冗談だと思っている。」
「でもこれは事実なんだ。」
「お願いだからもう二度とタバコを吸わないと約束してくれ。」
「タバコを吸わないと私に約束するだけでいいんだ。」
~スタッフ登場~
「これがタバコから得ることのすべてです。」
「これが喫煙者の将来。あなたたちには私のようになってほしくはない。」

どうですか?子どもは泣いてしまっていますし、最後にはスタッフも登場して事情をライアンさんに説明しています。がんは若ハゲよりもずっと恐ろしいですよね。

コメントを見てみても、「ライアンさんだけが子どもの喫煙を止めた本当のひとりだ」と称賛しています。これで若ハゲに悩む喫煙者のみなさんも、若ハゲへの影響はもちろんのこと、「タバコを吸うこと」を考えさせられたのではないでしょうか?

少しでも若ハゲに悩む喫煙者の方のタバコをやめるきっかけになればと思います。

シェアする