若ハゲに悩み辛い日々を過ごした20代男性のお話し

若ハゲのお話し

まだ学生なのに…、社会人になったばかりなのに…、まだ若いのに…、と、若ハゲの悩みを抱えている方は多くいらっしゃると思います。

気づいていたけど放置していた」「どうしたら改善できるのかわからない」という方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、若ハゲに悩み辛い日々を過ごしたSさんのお話しをしようと思います。

Sさん(26歳/男性)は大学を経てあるIT企業に入社し働いているシステムエンジニアです。

最初は全て順調だった

順調な社会人生活を送る20代男性

大学生活も順風満帆で、社会人として働きだすまでとくに悩みもなく過ごしてきた爽やかな性格のSさん。

入社当時も、与えられた仕事をしっかりとこなして問題ごともなく働いていたそうです。

徐々に変化する環境に追い込まれ始め…

最初のころは先輩のサポートをしたり、教えてもらいながらの作業をこなしていたSさん。

入社してしばらくすると、徐々に1人での仕事も任されるようになったそうです。

当時は、ようやく仕事が任されるようになったと自信と期待に満ち溢れていたSさんですが、様々な環境の変化に不安と疑問を持ち始めていました。

仕事を任されるようになったというものの、1人ではこなしきれずに仕事が増え続ける一方で、なかなか家に帰れない日々が続いたそうです。

度重なる残業で睡眠時間は削られ、ほとんど眠れないという日も。

さらには食生活にまで影響し、帰りが深夜になるとコンビニ弁当やカップ麺で済ませ、朝は何も食べないという生活を繰り返していたそうです。

ストレスと不健康な生活に押しつぶされる日々

残業をする20代男性

そんな生活を続けて半年がたったある日、Sさんはストレスが溜まっているということに気づき始めました。

Sさんはもともとストレスを感じにくく、溜まっていてもすぐに発散されるという、ストレスには強いはずの体質だったのですが、この環境にはさすがのSさんも耐え切れず、ストレスと不安に悩まされる日々が続きました。

すると、不健康な状態やストレスが顔にも現れ始め、クマができ、肌は荒れ、しまいには抜け毛も増えて髪がみるみるうちに薄くなっていったそうです。

その中でSさんが最も恐れたのが抜け毛の量と地肌が見え始めてきた髪の薄さでした。

このときSさんは、自分が若ハゲであるということに気づいてしまったのです。

しかし、Sさんはまだ大丈夫だろうと問題をしばらく放置していました。

確かに周りの目も気になるけど、それ以上に自分が若ハゲであることを認めるのがいやで、仕事に没頭したのです。

Sさんはここで間違いを犯してしまったのでしょう。若ハゲであることに意識を向けず、問題を放置したことで若ハゲが進行する悪循環に陥ってしまったのです。

ついに「取り返しがつかない」と思えるほどに…

しまいには頭のてっぺんの薄さが目立つようになり、「もう取り返しがつかないのではないか」というところまで若ハゲが進行していたそうです。

そこでようやくSさんは、「どうにかしなくては」と重い腰をあげ、行動に移しました。

しかし、仕事を早く終わらせて残業をしないようにするというのは現実的に難しく、中には改善できないであろう問題もいくつかあったそうです。

クリニックに通おうにも時間がありませんし、Sさんはとりあえず食生活に気を遣い、家にいる短い時間で頭皮ケアも行うことにしたそうです。

そして食生活の改善と頭皮ケアをこまめに行って半年、ようやく目に見えて薄毛の進行が止まったことに気づいたSさんは、その日から気持ち的にも前向きに仕事をし、より一層若ハゲの改善に努めました。

行動に移し、若ハゲ改善へ

若ハゲを改善するために行動に移す20代男性

若ハゲの改善に努めてそれから1年、ようやくSさんは健康的な髪と肌、かつての毛量を取り戻したそうです。

どうやらSさんは、「食生活の改善」「簡単な頭皮ケア」を行い、たったの1年で改善したとのこと。

「食生活の改善」については食べる時間帯や食品に気を遣ったらしく、コンビニ弁当やカップ麺は避け、簡単に作れるものを自炊し、毎日違うものを食べていたそうです。

また、時間がないときはあらかじめ作り置きを用意し、残業があっても会社で食べられるようにしたり、朝は必ず何か食べるようにしたそうです。

また、「簡単な頭皮ケア」というのも、「お風呂上りに育毛剤を使って頭皮マッサージを行っただけ」とのこと。

たった2つの対策を行っただけで、Sさんはもとの髪を取り戻したのです。

若ハゲ改善の鍵は…

若ハゲを改善するための鍵

Sさんが「食生活の改善」と「簡単な頭皮ケア」で若ハゲを改善できたように、食生活と頭皮環境の重要性がうかがえます。

Sさんの若ハゲの原因と考えられる要素はいくつもありましたが、髪に栄養を与え、頭皮環境を整えた(元に戻した)ことが決め手だったのだと思います。

また、Sさんが頭皮ケアに使用した育毛剤というのが「チャップアップ」だったそうです。

なぜそれを選んだのか聞いてみたところ、Sさんいわく「有名で専門家もおすすめしていたから」とのこと。

そもそもSさんは、数多い育毛剤を隅々まで調べ上げる暇はありませんでしたから、「専門家が勧めている育毛剤なら信用できる」ということでその育毛剤を選んだそうです。

そして後から調べてみて、成分のほとんどが天然由来成分であること成分ごとの目的がしっかりしていることを知って、その働きと評価に納得したそうです。

もちろん育毛剤の働きもあると思いますが、食生活にも気を遣って対策を行ったSさんは正しかったと言えるでしょう。

ただSさんは、「できるならもう少し早く対策しておけばよかった」と後悔もしている様子でした。

若ハゲだと気づいたとき、気にりだしたときにすぐ行動に移し、生活習慣や食生活の改善と併せて育毛剤を遣うことでより効率よく改善できたかもしれませんね。

今現在若ハゲに悩んでいる方も、できるだけ早めに対策を行ったほうがいいかもしれませんよ?

チャップアップ

シェアする