若ハゲってなに?

髪の毛

最近よく聞くようになった”若ハゲ”。その名の通り、まだ若い年齢のうちに発症する脱毛症なのですが、若ハゲとは何なのか、何が原因なのか、対策方法など詳しく説明します。

最近よく聞く「若ハゲ」とは?

考える女性

若ハゲとはいわゆる”若年性脱毛症”のことで、20代~30代、早くて10代のうちに発症する脱毛症のことです。

性別関係なく、男女とも起こりうる症状で、男性型脱毛症または女性男性型脱毛症と密接な関係があると言われています。

さらに、若ハゲで円形脱毛症のような症状の例もあり、このことからあらゆる脱毛症において、若いうちに発症してしまえばそれは若ハゲ(若年性脱毛症)であると言うことができます。

そもそも男性型脱毛症は加齢に伴い進行していくタイプの脱毛症なのですが、近年その症状が、まだ肉体的にも精神的にも若い世代で多く見られるよになり、また悩みを持つ人も増えてきたために”若ハゲ”という言葉が普及しました。

このように、本来脱毛が始まる年齢ではないにもかかわらず、生え際や頭頂部が徐々に薄くなっていくのです。

近年ハゲで悩む若者が増えてきましたが、特に気にしていなかったり、気になるけど何もしていなかったり、もうすでに諦めていたりと、性別年齢限らずすべての脱毛症と同様の心理状態がうかがえます。

そして若ハゲの多くの原因が生活習慣によるものだと言われています。

そもそも脱毛症自体、医学的にいまだ解明されていない事が多いのですが、脱毛症の原因は様々で”いくつかの原因が複合している”と考えて良いでしょう。つまり、”原因は1つであるとは限らない”ということです。

若ハゲは男性ホルモンによる影響や生活習慣、遺伝など様々なものが原因としてあげられ、これらの原因はそれぞれ密接に関わっています。

実際、生活習慣が乱れればホルモンバランスも乱れますし、遺伝的にある男性ホルモンを多く分泌してしまう体質ならハゲやすいでしょう。

しかし、遺伝的にハゲやすい体質だとしても、生活習慣がしっかりしていればおのずとホルモンバランスも整えられ、ハゲにくい頭皮環境はつくれるはずです。

なぜ若ハゲになるの?

悩む男性

若ハゲの原因は遺伝を除き、主に次のようなものが考えられます。

  • 生活習慣
  • 髪へのダメージ
  • ストレス
  • 男性ホルモンの影響

生活習慣の場合、偏った食生活、睡眠不足、運動不足、タバコなどが原因によりヘアサイクルが乱れ、脱毛症になってしまいます。髪だけでなく、体自体にも悪い影響を与えてしまいます。

髪へのダメージの場合は、主に外部からの髪へのダメージです。ドライヤー、ヘアアイロンなどの機器による熱のダメージ、整髪料や染髪、ブリーチ、パーマなどの髪を痛める行為があげられます。

また、ストレスは精神や神経に悪い影響を与え、それが毛髪や頭皮にも影響し脱毛症を招いてしまいます。

そして男性ホルモンの影響の場合、ホルモンバランスが乱れてジヒドロテストステロンが過剰に分泌されることにより、男性型脱毛症または女性男性型脱毛症として若ハゲが進行してしまいます。

そもそも髪はどのように成長し抜けていくのでしょうか。髪の成長と脱毛の仕組みを詳しく見ていきましょう。

正常なヘアサイクルと乱れたヘアサイクル

hair-cycle

髪には”ヘアサイクル”があり、一定の周期により成長と脱毛を繰り返しているのです。

正常なヘアサイクル

|成長期:4~6年|⇒|退行期:2~3週間|⇒|休止期:数ヶ月|⇒繰り返し

正常なヘアサイクルは、「成長期」で髪が伸び、その期間が長いほど髪は長く、太く成長していきます。その後「退行期」で髪の成長が止まり、「休止期」で新たに生えてくる髪に押し出されて抜け毛となり、自然と抜け落ちます。

乱れたヘアサイクル

|成長期:数ヶ月~1年|⇒|退行期:2~3週間|⇒|休止期:数ヶ月|⇒繰り返し

ヘアサイクルが乱れてしまうと、成長期が短くなり、髪が十分に成長していない(髪が短く細い)うちに脱毛してしまいます。

日本人の髪は平均で約10万本生えており、1日あたり50~100本の髪が抜け落ちます。先ほど述べた原因などにより、髪の成長期が短くなって抜け毛が増えたり、短く細い抜け毛が増えてきたら若ハゲが進行している証拠になります。

まずはこの乱れたヘアサイクルを正すことを意識して若ハゲ対策に臨みましょう。若ハゲは早期の対策で改善可能なので、”気になり始めたら””手遅れになる前に”対策することが大切です。

若ハゲかどうかは頭皮の硬さで判断できる!?

自分が若ハゲかどうか、今後若ハゲが進行して悪化する可能性があるかどうかを調べる方法として、「頭皮の硬さ」を確認する方法があります。

ライオン株式会社のビューティケア研究所が行った「男性の毛髪と頭皮に関する研究」において、30~40代の男性65人を薄毛のグループと薄毛でないグループに分け、頭皮の硬さと水分量を測定したところ、薄毛のグループは薄毛でないグループと比べて頭皮が硬く、頭皮の水分量が少なく乾燥しているということがわかったそうです。

男性の毛髪と頭皮に関する研究
~男性の毛髪と頭皮に関する研究~ 「髪が薄い人は頭皮が硬い」ことを確認 – ライオン株式会社

血行不良によって皮膚が乾燥すると言われている通り、頭皮の硬さは血行不良によって頭皮が乾燥することによるものだと推測されています。

この研究は30~40代の男性を対象に行われたものですが、若ハゲであっても同じことが言えると考えます。

つまり、若ハゲに悩んでいる方は頭皮の硬さを確認することで若ハゲかどうか、若ハゲが進行しやすいかどうかを確かめることができます。

しかし、たとえ頭皮が柔らかいからといって安心してはいけません。今後の生活習慣や食生活などの影響によって頭皮が硬くなり、若ハゲが進行してしまうということも考えられます。

逆に、頭皮が硬く若ハゲの症状が顕著に表れているという方は、頭皮の血行が悪い証拠なので、頭皮の血行促進に努めましょう。

若ハゲに有効な対策はある?

ワンポイント

若ハゲの対策は早ければ早いほど改善しやすい傾向にあります。若いうちは代謝能力が高いため、早期に対策するほど若ハゲが改善しやすいと言えるでしょう。

逆に若ハゲを放置して歳を重ねていくと、加齢とともに代謝能力は低下していくため改善は難しくなっていくというわけです。そのため、若ハゲには早期の対策が有効なのです。

若ハゲに有効な対策として次のような方法があげられます。

  • 生活習慣の改善(適度な運動・十分な睡眠・バランスのとれた食事)
  • 頭皮ケア
  • ストレスの解消または緩和
  • 栄養補給

生活習慣の改善は育毛の基本であり、若ハゲ対策の第一歩です。バランスのとれた食事、十分な睡眠、適度な運動、体に害のあるものは避けるなど、すぐにできて効果のある対策法です。

また、髪へのダメージは極力避け、育毛シャンプーや育毛剤で清潔・健康な頭皮環境を維持しましょう。育毛剤は頭皮に栄養を与える効果もあり、頭皮ケアと栄養補給の両面でカバーすることが出来るのでおすすめです。

そして、ストレスは少なからず若ハゲの原因となりえます。溜め込まずに発散しましょう。仕事や私生活でストレスになるようなことはできるだけ排除し、気持ちの良い生活を送れるように配慮するだけでその効果は十分期待できます。

ドライブしたり、映画を観に行ったりして外に出かけるなど、ストレスを発散できるような趣味があるともっと良いでしょう。

まとめ

若ハゲは様々な原因によりヘアサイクルが乱れ、薄毛や抜け毛という症状として起こります。その原因はひとつではなく、大抵いくつかの原因が重なり合って脱毛症を招きます。

原因を特定することは難しいため、あるひとつの原因を解決したとしても若ハゲが改善されるとは限りません。

育毛剤や育毛シャンプーに頼る前に食生活や生活習慣を見直し、周辺環境から改善していくことが大切です。”乱れたヘアサイクルを正す”ということを意識した対策が重要になるでしょう。

若ハゲで悩んでいる方は以上のことに注意して、できることから始めてみてください。それでも解決できない場合は育毛剤や育毛シャンプーを使用して、頭皮環境の改善や頭皮への栄養補給を行ってみましょう。