20代で気になり始めた若ハゲの20の原因と対策

若ハゲになる20の原因と対策

20代になったばかりだというのに、若ハゲかもしれないとふとした瞬間気づいてしまい、周りの目を意識しだす人は多いはず。

たまに自分が若ハゲであることを思い出して「やばいやばい」と一時的に悩む人もいれば、常々若ハゲを気にしていて「あーーーやばい」と悩み、それをストレスに感じている人もいるはずです。

私自信20代になる前から常々髪や頭皮のことを気にしていて、なすすべなくストレスを抱え込む一方…、からの悪循環に陥ってしまっていた経験がありました。

しかし、まだ20代のうちに若ハゲが気にならなくなるレベルまで改善できた私の若ハゲ改善方法を一例としてここで紹介しようじゃありませんか。

それに加えて、20代で若ハゲる20の原因と対策も合わせて紹介します。

20代若ハゲのワイ、原因は頭皮の硬さと脂性肌にあった

若ハゲに悩む男性

まずは一番知りたい20代の若ハゲの改善方法について。

ただしこれは一例であって、私だったから効果があったのかもしれないし、若ハゲに悩む他の20代のみんなが試したところであんまり意味がないかもしれないから自己責任で、参考程度で、「ふ~ん、そんなこともあるんだ」程度で。

若ハゲを気にしていたのは20になる前からですが、そろそろヤバいと思って実行に移したのは20代になってからのことです。

まだ20になったばっかりですし、最初はなんで若ハゲになったのかも皆目見当がつかない状態。

そこでネットの情報をかき集め、若ハゲの症状や髪、頭皮の状態までくまなくチェックしてみました。

髪はもともと細くてくせ毛だから、長くし過ぎても短くし過ぎても若ハゲが気になるので程よい長さにしていて、頭皮は…、…あれ?頭皮、カタイ?

そう、ここでまず気づいたのが頭皮の硬さでした。頭皮が硬いということは、血行が悪いサインです。

頭皮に指を置いたときに、頭皮が動いてグラグラする感覚が一切ない。

これがもしかしたら若ハゲの原因のひとつになっているかもしれないと思い、頭皮の血行を良くするためにひたすら頭皮マッサージを行いました。もちろん毎日。

そしてこれも重要で、テレビを観たりゲームをする時間を削り、スマホを封印。

封印といっても、出かけるときは連絡のために持ち出しますが、ポケットには入れずバッグにしまっている状態です。

ベッドやお風呂には絶対に持ち込みません。スマホを見る時間を極限に減らしました。

これは、眼精疲労が血行不良を招き、若ハゲの原因のひとつになっていると考えたからです。

ただ、これだけで若ハゲがよくならないことはなんとなくわかっていましたから、食生活にも気を遣いました。

私はもともと脂性肌だったので、脂っこいものはできるだけ避け、ビタミンを多く摂るようにしました。

他にも、シャンプーや洗顔にも気を遣い、化粧水や乳液を使って顔の保湿に努めました。それ以外にもいろいろ試したのですが、私の若ハゲの場合はこれらの働きがとくに大きかったと思っています。

これを3年です。3年続けてようやく若ハゲが気にならなくなるレベルまで改善されました。

正直、20になったばかりなのに若ハゲを改善するためにどれだけの時間を使っていたんだと後悔することもありましたが、それ以上に若ハゲに悩むことがほとんどなくなり、ストレスも感じなくなったことが嬉しく思いました。

もちろん若ハゲを完全に改善できたとは思っていませんから、今でもストレスにならない程度に頭皮ケアを続けています。

若ハゲになる20の原因と対策

若ハゲの原因の多さに頭を抱える男性

紹介した私の若ハゲ改善方法はほんの一例ですが、20になって実行に移したときに調べた20代若ハゲの20の原因と対策方法を紹介しておきます。

もしかしたらこの中からあなたの若ハゲの原因や対策方法が見つけられるかもしれません。

  1. 血行不良
  2. 頭皮が硬い
  3. 脂性肌
  4. 乾燥肌
  5. 睡眠不足
  6. 不規則な生活
  7. 栄養不足
  8. 偏った食生活
  9. テレビ・ゲーム・スマホ
  10. 姿勢の悪さ
  11. 肩こり
  12. 目の疲れ
  13. 間違ったシャンプー・洗顔
  14. お風呂に入る回数・時間帯
  15. ドライヤー・ヘアアイロン
  16. ヘアカラー・パーマ・整髪料
  17. オナニー
  18. タバコ
  19. 酒(アルコール)
  20. 運動不足

本当はもっとあげれば20以上はあります。キリがありません。

若ハゲの原因って実はすべて生活習慣の中にあって、なにかひとつでもひっかかるものがあるならすぐに対策を行い、改善するべきです。

対策方法としては原因により様々ですが、なによりも継続することが大切であり、その対策方法を体になじませて習慣にしてしまうことです。

これがけっこう難しいのですが、規則正しい生活やバランスの良い食事、運動などを地道に続け、習慣にすることでようやくその効果が現れてきます。

そんなに時間がかかるの!?と思うかもしれませんが、時間がかかるのは当然です。すぐに若ハゲを改善できるとは思わないでください。

それでも、20代は中高年の大人の方と比べれば免疫力や治癒力も高いですから、ハゲや薄毛に悩んでいる中高年の方と比べると圧倒的に早く、たやすく改善できるといっても過言ではありません。

本気で20代のうちに若ハゲを改善したいのであれば、自分の若ハゲを進行させている原因をつきとめ、早いうちに対策を行っておくことが大切です。

まとめ

若ハゲに悩むことなく20代を楽しむ男女

20になったばかりのときに私がやった若ハゲの改善方法と、20代で若ハゲになる20の原因と対策方法についてお話ししました。

「若ハゲになるのは遺伝のせいだから諦めろ」と言う方もいらっしゃると思いますが、まだ20代ですよ?

遺伝的にハゲやすいとしても、その症状が現れるのは歳をとってからです。20代で若ハゲるのはどう考えても間違った生活習慣があるからだと思います。

将来ハゲることがわかっていても、20で若ハゲになるのはさすがに嫌ですから、正しい時期にハゲるようにそれを遅らせるのです。

というより、20代で若ハゲになるということは生活習慣や体に何か異常があるからで、まだ20代なのにハゲてしまうのは明らかにおかしいのです。

ですから、その間違いを正して、本来若ハゲに悩むはずのない20代ライフを取り戻しましょう。

シェアする